<< 蕪のミルクスープ 蒸し蕪と茹で塩豚の八丁味噌ソース >>

りんごコボ1号

柿コボ1号が失敗して、酵母作りはやっぱりやめようかな~なんて思っていた私。
でも常温に少しの間出しっぱなしにしていた三升漬けがちょっとブクブクと泡だってきているのを見て、「うちには食材をおいしくさせる発酵分子が絶対に沢山漂っているはず!!!!!」となぜか単純にその時思い(笑)、これはやはりもう一度酵母起しをするしかない!と思い立ったのでした。

そして仕込んだのがりんご酵母。
12月初旬にダンボール1箱もらったとても香りのよい「サンふじ」の蜜入り林檎。

d0142961_15302439.jpg12月13日、皮付きの実を1/4個と、1個分の皮と芯を瓶に入れて冷蔵庫へ。
水あり、糖分なしで仕込みました。


d0142961_15305467.jpg12月17日、4日経ったところで常温へ移します。
な~んとなく皮に泡がくっついているのですが、これって発酵する合図ではないかしらなんて、全てを良いほうに考える単純な私♪
常温保存の際は、こちらの記事に載せているように、瓶に発砲スチロール素材のネットをかぶせてから、更にケースに入れてます。


d0142961_15314267.jpg12月19日、確実にあわ立っているようです。
やった~♪
林檎の皮も上に浮いてきているので、ここで一度瓶の蓋を開け、ガス抜きと新しい空気を入れます。
発酵し始めの香りは、林檎の甘い香り。
顔を近づけるとシュワシュワが顔に当たるのも心地よい感じ♪
スプーンですくってちょっぴり飲んでみると、香りの良いあまり甘くない微炭酸りんごジュースです。


d0142961_15315779.jpg12月20日、仕込んでから一週間目でかなり良い感じの発酵具合。
香りも少し濃厚な感じの、アルコールとまでは行かないけれど、明らかに発酵し始めとは違う深い感じになってます。


さぁ~ここまでくれば、お料理に使ってもよさそうです。(*^_^*)
初めてのうちのコボちゃん、りんごコボ1号、これから何に変身するかしら~。


りんごコボ1号から出来たもの♪
さつまいもと林檎のオレンジジュース煮
パン(カンパーニュ) 2個
蒸し蕪と茹で塩豚の八丁味噌ソース
蕪の葉の即席漬け(蕪の葉と塩、りんご酵母をビニールに入れてモミモミ。冷蔵庫で少々寝かせて出来上がり!塩だけで作る即席漬けよりも短い時間ででき、塩加減もまろやかにとろりんとしたした仕上がりに♪)
もひとつおまけにパン(カンパーニュ)
りんごコボ2号柚子コボ1号へ少しずつ入れて元気に発酵させる素となる!!
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-02-07 00:26 | りんごコボ(酵母)ちゃん
<< 蕪のミルクスープ 蒸し蕪と茹で塩豚の八丁味噌ソース >>