<< 菜の花の辛子醤油和え 塩豚 >>

ごぼうとしめじの玄米炊き込みご飯

d0142961_074563.jpg
■材料■
玄米 2カップ
醤油 大さじ1
塩 少々
ごぼう 1本
しめじ 1パック
昆布 5cmくらい
りんご酵母りんごコボ6号(仕込んでから9日目、常温に置いてから5日目)使用) 1カップ
水 2カップ
 
■作り方■
玄米を洗って水を切り、炊くまでに時間があれば厚手の鍋にりんご酵母と水、昆布と共に入れておく。
ごぼうは皮を包丁の歯の反対側で削ぐようにしてからささがけにして、酢水にしばらくつけてあく抜きをしてから洗い流し、しめじは子房に分けて、玄米の鍋に入れる。
炊く直前に醤油と塩を入れ、蓋をして強めの中火で炊き、沸騰したら弱火にして45~50分炊く。
炊きあがりの最後の30秒くらいは強火にしてから火を止めて、10分ほど蒸らし、全体をざっくりと混ぜ合わせる。

**************************************

酵母で玄米を炊くというのは「新しいごはん」の天野朋子さんのレシピを見て、是非試してみたかったもの。
普通玄米を炊くときには、かなり長い時間玄米を浸水させてから炊かないと柔らかくふっくらと炊けないけれど、酵母の生きた植物性乳酸菌が玄米の外皮を柔らかくするので、酵母炊きだと時間を置かなくても柔らかく炊けるというのです。
玄米ご飯を食べたいけれど、浸水しとくの忘れたとか、夜になって急に玄米ご飯が食べたくなったとか、夏だと特にうちのように無人の締め切りの熱帯マンションで浸水しとくのは腐りそうで怖いとか、そういうときでもおいしい玄米ご飯が食べられるなんて素敵♡

d0142961_0114832.jpgレシピでは炊くときの水分全てを酵母にしていたけど、私は1カップのみ使いました。
鍋はル・クルーゼの20センチのココットロンド使用。
浸水時間は1時間程度だったけど、それでも十分柔らかく炊くことが出来て結構感動!
ごぼうとしめじから出てくる旨味をたっぷり吸った滋味深いご飯が出来上がりました。
私は玄米のぷちぷち感が大好きなのだけど、実は夫は玄米ご飯が好きではない!
それでも炊き込みご飯だったら歓迎だって言うからよかったよ。


1カップ分ものりんご酵母を入れても不思議とそんなにりんご、りんごしないので、あまり酵母の種類を選ばず、その時にある酵母で作れそうなのも嬉しいです。

炊きあがりの最後に強火にするのは、おこげを作りたいから。
強火にしてパチパチという音がしてたら、ちょうどよい具合におこげが出来てる証拠です!


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-04-08 00:18 | コボ(酵母)料理
<< 菜の花の辛子醤油和え 塩豚 >>