<< ホタテのソテー ワカメのタルタル添え 塩豚と根菜のシンプルスープ >>

ドライトマトとポルチーニのスープ

d0142961_0552547.jpg
■材料■
ドライトマト 2枚
乾燥ポルチーニ
タマネギ 1/2個
コンソメキューブ 1個
月桂樹の葉 1枚
オリーブオイル

酢 少々(ドライトマト戻し用)
塩 適宜
胡椒  適宜
伊予柑酵母伊予柑コボ1号(仕込んでから7日目、常温に置いてから4日目)使用)  大さじ1~2(一人当たり)

■作り方■
ドライトマトはさっと洗って酢を少々入れたぬるま湯に入れて戻し、乾燥ポルチーニもぬるま湯で戻す。
タマネギは繊維に沿って薄切りにし、鍋にオリーブオイルを入れて炒め、そこにドライトマトの戻し汁と乾燥ポルチーニの戻し汁、薄切りにしたドライトマトとポルチーニを入れ、沸騰したらアク抜きをしてコンソメキューブを入れ月桂樹の葉も入れてしばらく煮込む。
最後に塩胡椒で味を整え、器に盛って伊予柑酵母を加えて出来上がり。

**************************************

伊予柑コボ入り根菜のスープが驚くほどおいしかったので、続けてまたまたスープを作りました。
この日のメニューはカレーで、うちのカレーはタマネギ、人参をみじん切りにして加えるので、それだけで結構労力を使い果たしてしまうんですよね~。^_^;
なのでこういうときのスープは簡単に出来るものに限ります!

ドライトマトもドライポルチーニも常備しておくと便利な食材。
どちらからもたっぷりと旨味のある出汁が出るので、ストック食材使用のやっつけスープなのにとっても深い味わいとなります。
月桂樹の葉はうちのベランダにある生のものを使ってますが(もちろんドライでもOK)、使う時には葉脈に沿って一度折り曲げるようにすると香りが出やすくなります。

伊予柑酵母の風味は根菜のスープの時よりは、こちらのスープはお味が濃厚なだけに弱く感じたけれど、入れたものと入れないものでは明らかに違います!
今回の伊予柑酵母はなぜか全く苦味がなかったので、それもとてもおいしく出来た要因かと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-04-17 00:56 | コボ(酵母)料理
<< ホタテのソテー ワカメのタルタル添え 塩豚と根菜のシンプルスープ >>