<< シードル(りんご酵母使用) りんご酵母(前種法)のキャラウ... >>

苦くない柑橘類コボちゃんの作り方

柚子、レモン、オレンジなど、柑橘類の皮にはいっぱい酵母がついているので、元気の良い酵母を作ろうと思ったら皮ごと仕込むのが普通ですよね。
しかし、その皮の特に白いふかふかの部分は苦いことが多い…。
出来上がった酵母液が苦いなぁって思う方も多いかと思います。

新しいごはん」によると、レモン、オレンジなどは皮のまま仕込んでもOK、柚子は苦くなるので皮を剥いてから仕込むとありますが、レモンだってオレンジだってやっぱり苦くなるんだよね。
そして皮を剥いてから仕込むと、できないことはないけれどやっぱり発酵力がイマイチなのよ。
パンを中種法で焼く方などはそれくらいの苦味ってほとんど気にならないかもしれないけど、前種又はストレート法だとよーく味わうとやっぱりちょっとだけ苦味のあるパンになってしまう。
また、この苦い酵母液で玄米の炊き込みご飯作ると味が濃いときはちょっと紛れるものの、多分味なしの玄米ご飯だったら苦味がとっても気になると思うし、スープの最後に風味付けで入れるなんていう使い方をするときには、更に気になる…。

最初のうちは発酵力弱いよりは強いほうがいいから、多少の苦味は我慢するか~なんて思ってたけど、とーっても良い方法を見つけました♪

d0142961_032882.jpgまずは柑橘類の皮を剥き、実を先に瓶に入れその上にのせるように皮を加え、そこにいつものように水と蜂蜜を加えて酵母を仕込み、常温に出してぷくぷくと発酵してきたところで皮を取り除きます。
こうすると皮も利用しているのでしっかりと発酵し、一度発酵してしまえば皮を取り除いても元気に発酵し続けるんです。
皮は発酵するまでしか入れてないので苦味もほとんど出なくてすんばらすぃー味わい♡


d0142961_0322649.jpgうふふ、なんて良い方法を考えついちゃったんでしょう♪
柑橘類は苦味がねぇ…なんて思っていた方、是非一度お試しを!



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-05-23 00:35 | コボちゃん育て方のコツ
<< シードル(りんご酵母使用) りんご酵母(前種法)のキャラウ... >>