<< 湯豆腐のカレー風味挽肉のせ りんご酵母のドライフルーツ入り... >>

ラディッシュとヤーコンの味噌酵母漬け

d0142961_2340981.jpg
■材料■
ラディッシュ
ヤーコン
味噌
りんご酵母りんごコボ7号(仕込んでから12日目、常温に置いてから8日目)使用) 

■作り方■
ラディッシュは葉と実に分けて切っておく。
ヤーコンは皮を剥いてから縦半分に切り、少々酢を入れた水にさらしアク抜きする。
味噌を少し緩めるようなつもりでりんご酵母を入れてよく混ぜ、水気を拭いたラディッシュとヤーコンにスプーンやへらなどでまぶすようにしてからジップロックに入れ、出来るだけ空気が入らないようにジッパーを閉めて冷蔵庫で保存。
ラディッシュは2日後くらいから、ヤーコンは4~5日後くらいからおいしくいただけます。
葉っぱものは軽く洗って味噌を落とし、実ものは漬かりが浅いうちは軽く味噌をぬぐって、もう少し日にちが経ってしょっぱくなってきたら味噌を洗って食べると良いです。


**************************************

d0142961_23403857.jpg去年、味噌に酒粕を混ぜたものにヤーコンを漬けてみたらこれがとってもおいしかったので、今年は酵母入りで作ってみました。
どうせ漬けるならば…とベランダのプランターで大豊作だったラディッシュも一緒に漬けてみたところ、葉っぱも含めてこれがまたとってもおいしい!
今年の冬の漬物のヒット作~♪


味噌に混ぜる酵母の量は、野菜に塗りやすい程度の柔らかさになるまで少しずつ加えて調整します。
今回のヤーコンのように少々水分が出やすい野菜を漬ける場合には、あまり緩めにしてしまうと漬けているうちに水っぽくなってしまうので注意です。

d0142961_2341896.jpgヤーコンやラディッシュ全体に味噌が回らなくてもジップロックに入れて空気を抜いてぴったりとジッパーを閉めれば、結構万遍なく味噌がつくようになります。


酵母を入れると味噌が柔らかくなり野菜に馴染みやすくなるだけでなく、発酵が進みやすくなるので早く漬かるし、旨味も増すし、しかも味噌だけで漬ける場合よりも塩っ辛くないマイルドな漬物になると、いいこと尽くし!
いろんな野菜で試してみたい♪
出来上がりの写真だとラディッシュの葉っぱはなんだかパサついているように見えるけど、実はこれが一番おいしかった!
りんご酵母のお陰なのかなんだかとってもフルーティーな香りです♡

野菜を取り出した後のちょっとゆるめの味噌酵母床は、お味噌汁に入れて使うなどして無駄なく使えます♪




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-06-06 23:43 | コボ(酵母)保存食
<< 湯豆腐のカレー風味挽肉のせ りんご酵母のドライフルーツ入り... >>