<< レモンコボ3号 伊予柑コボカンパーニュ >>

伊予柑コボのライ麦カンパーニュ

d0142961_1183097.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
ライ麦(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50cc
レーズン
くるみ
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(早い夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜中)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ね、ラム酒に少し浸して柔らかくしたレーズンとトースターで少々乾煎りした胡桃を手で小さく砕きいて混ぜてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後(翌朝)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

d0142961_118544.jpgおほほ…、クープがバリバリに開いてるでしょ~~~。
またまた形は少々いびつだし、なぜか片方のクープのみがガバッと開いたのでまん丸のはずが長細丸のカンパーニュになっちゃってるけど気にしなーい!(笑)
でも夫には「これは売り物には絶対にならないパンだね」って言われたけど…。(汗)


d0142961_1191227.jpg会社から帰ってきて前種仕込んで、夜中に2倍になったのでその前種使って生地を捏ね、朝にはタッパーの中でこんなに膨らんでいた~~~。
多分ライ麦パンと言うのは普通の粉に比べて発酵しにくいのではないかと思うけど、おそるべし伊予柑コボちゃんの発酵力♪
嬉しくなるね~。


d0142961_1193467.jpg胡桃とレーズンが入って少々重めの感じだったけど、スライスしてみるとなかな良い具合なのではないでしょーか。
スライス前は売れないパンだって、スライスしちゃえばわからない♪


d0142961_1195070.jpg翌日の朝食は、このライ麦パンを使ったサンドウィッチ。
トマトとわさび菜&ブルサンチーズと生ハム。
どちらもおいしいよ~。


d0142961_120921.jpg特にこのトマトが甘くてすっごくおいしかったのだけれど、これは大宮の先にある「温々(ぬくぬく)」と言う古民家カフェの前で買った産直野菜。
温々は田んぼ(?又は畑?)の真ん中にポツンとあるのだけれど、そこの畑で採れた野菜を売っているんですよ~。
それがすごーくおいしいの♡
ついつい買いすぎ注意報~!


d0142961_1202680.jpgそんなお野菜を作って、そして売ってるおじさんを激写!
「パソコンで紹介するからね~」と言ったら「おじさんはパソコンやらないから見られないけど、宣伝してね!」と言われた。
おじさん、遅くなったけどやっと紹介したからね♪
埼玉県地方にお住いのみなさま、とってもおいしくて素敵なカフェ温々に行かれた際は、是非駐車場前のこちらのおじさんのお野菜買って帰ってね~。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:25 | コボ(酵母)パン
<< レモンコボ3号 伊予柑コボカンパーニュ >>