「ほっ」と。キャンペーン
<< 鮭のmagicスパイス焼き2 りんごコボ9号 >>

花ズッキーニのフリット 生ハムとパルミジャーノ添え

d0142961_1327582.jpg
■材料■
ズッキーニの花
生ハム
パルミジャーノレッジャーノ
りんご酵母りんごコボ9号(仕込んでから4日目、常温に置いてから1日目)使用)  強力粉と同量
強力粉  りんご酵母と同量

サラダオイル

■作り方■
ズッキーニの花は花びらを破らないように気をつけながら弱い水流で洗って、キッチンばさみで切れ目を入れて花を開き平らにし水分を拭き取る。
パルミジャーノレッジャーノはピーラで薄く削っておく。
ボールに強力粉とりんご酵母液を大体同量と少々の塩を入れてざっくりと混ぜ合わせてフリットの衣を作る。
ズッキーニの花の片面に衣をつけ、鍋に入れたサラダオイルで弱火~中火でまずは衣を下にして揚げて、かりっと揚がったら衣がついていないほうも少々揚げて油を切り、器にのせて生ハムとパルミジャーノをトッピングして出来上がり。
食べるときはフリット、生ハム、パルミジャーノを重ねて一緒に食べる。


**************************************

d0142961_13273036.jpg初夏のお楽しみ花ズッキーニ。
今年で三度目となりますが、毎年春に種を蒔いて、ベランダのプランターで育てています。
どうせ育てるならあまり見かけないものをと、育てるのは丸ズッキーニ。
プランターが小さいので実のほうはなかなか大量には収穫できないのだけれど、花はこの時期ほぼ毎日収穫できるのです。(ズッキーニの育て方、収穫については、別ブログこちらこちらの記事を見てね)
育てるのも簡単で喜びも大きい素敵な野菜♪


ズッキーニの花の料理はいろいろありますが、花の数が少量であっても比較的作りやすいのはフリット。
花の黄色が鮮やかで、その美しさには毎年うっとり♪
フリットと言えばビールで衣を作るやり方があるけれど、そのビールをシュワシュワの酵母液に置き換えて作っています。
この方法は春は山菜の天ぷらにもずいぶん使いました~。
発泡するので衣がカラッと揚がり、とてもおいしい!
多少ですが酵母の素材そのものの香りも楽しめます。

d0142961_13344437.jpg食べるときには花と生ハムとパルミジャーノを重ねて一口でパクッと♪
ズッキーニの花のパリパリと生ハムの塩気、パルミジャーノの旨みのハーモニーが素敵すぎで、ワインがついつい進みすぎてしまうのが玉に瑕です。^_^;
ズッキーニの花のその他のお料理はこちらこちらの記事にも載せてます。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-03-20 13:38 | コボ(酵母)料理
<< 鮭のmagicスパイス焼き2 りんごコボ9号 >>