カテゴリ:コボ(酵母)料理( 69 )

白菜と豚バラ肉の蒸し煮

d0142961_17322697.jpg
■材料■
豚バラ肉
白菜
トマト酵母トマトコボ3号(仕込んでから14日目、常温に置いてから10日目)使用) 適宜

胡椒

■作り方■
豚バラ肉薄切りは、適当な大きさに切り、強めに塩胡椒をしてからトマト酵母液を大さじ1~2程度振って30分程度寝かせておく。
白菜はざく切りにする。
鍋又は深めのフライパンに白菜、豚ばら肉、白菜と言うように何段かに重ねて詰め、途中トマト酵母の実も挟み込み、最後にトマト酵母液を少々(2人分ならカップ1/4くらい)とまだあればトマト酵母の実ものせて蓋をして蒸し煮し、火が通ったら器にもって出来上がり。

**************************************

うちの定番の白菜と豚バラの重ね煮をさっぱりとしたトマト酵母入りで作ってみました。
いつもはレンジでチンしちゃうけど、今回は酵母を入れるので水分量が多いこともあり鍋に重ねてちゃんと煮てみました。

d0142961_17335288.jpgあらかじめトマト酵母液にこんな風に肉を漬け込んでいます。
私は豚が好きなので気にならないけど、豚特有の匂いもマイルドになるしプリプリになります。


d0142961_1734489.jpgそして鍋に重ねて重ねて~~~。
そしてただ火をつけて蒸し煮にすればいいだけなので簡単♪


いつもの重ね蒸しは塩胡椒で味をつけてあるだけなのでポン酢につけて食べますが、今回はトマト酵母と実を入れているのでそのまま頂きます。
トマト酵母の酸味がいいですよ~。
実も捨てずに使えるって言うのがこれまたいいです!!!

もうパンを焼くには勢いがなくなってしまった酵母を使ってもおいしくできるので、使いきりの時に残っている実も全部使って作ると無駄なく使い切ったわ~っていう達成感もあっていいんですよね~♪



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-02-14 17:34 | コボ(酵母)料理

焼き塩豚の青梗菜添え

d0142961_1938476.jpg
■材料■
塩豚(作り方はこちらの記事参照)
トマト酵母トマトコボ3号(仕込んでから10日目、常温に置いてから6日目)使用) 適宜
タマネギ

胡椒
青梗菜

■作り方■
塩豚(生のままのもの)を薄切りにして、バットなどに並べトマト酵母を少々かけて時間があれば30分程度置く。
タマネギは繊維と同じ方向に薄切りに、青梗菜は根元を切ってばらしてさっと塩茹で又はレンジでチンしておく。
フライパンに薄くオイルをひいて、薄切りの塩豚を並べ弱火でじっくり火が通るまで両面を焼き、皿に並べる。
タマネギの薄切りをそのままのフライパンに入れて塩豚から出た脂でさっと火を通し、塩胡椒少々で調味して、塩豚の上にのせる。
焼いた塩豚のまわりに茹でた青梗菜を囲むように盛り付けて出来上がり。

**************************************

豚肩ロースがセールになっているとどうしても籠に入れてしまう私…。^_^;
塩豚にしておけば保存も効いていろいろ使えて便利ですからね~。

焼き塩豚はこちらの記事にもあるネギソースで食べることが多いけど、今回はタマネギと青梗菜を添えてみました。
タマネギは新タマネギだと尚更甘くておいしいかも!
青梗菜には特に味をつけていませんが、焼き塩豚と一緒に食べるとちょうどよい感じ。
他の青菜に比べて青梗菜って茹でてもそんなにカサが減らないので、大きなものだったら一株茹でたり蒸したりするだけで、この程度の添え物だったら十分です。

相変わらず酵母液に漬けておいたお肉はプリプリと柔らかくおいしいわ~。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-02-11 19:41 | コボ(酵母)料理

豚とごぼうのトマト煮

d0142961_1212255.jpg
■材料■
豚肩ロース塊り肉 400グラム弱
トマト(小) 2個
ごぼう 1本
トマト酵母トマトコボ3号(仕込んでから7日目、常温に置いてから3日目)使用) 100cc(適当に実も混ぜて)

胡椒
オリーブオイル

■作り方■
豚肩ロース(今回は事前に塩して塩豚にしておきました)は1/4くらいの大きさに切り、トマトは大きめのざく切り、ごぼうは皮を削いで薄切りにし、酢水にしばらく漬けてあく抜きしておく。
厚手の鍋にオリーブオイルをひき、豚肩ロース肉の表面をこんがりと少々焼け目が付くまで焼き、トマト酵母液、ごぼう、トマトを加え蓋をして弱火でじっくりと煮る。
豚肉が柔らかくなったところで塩胡椒を加えて味を整え出来上がり。

**************************************

豚肩ロースがお安い時には必ず買って塩豚を仕込んでおくと、その週のお料理に大活躍~♪
焼いても良いけど煮込み料理に使ってもそのそままの肉を使うよりもお味も深く、そしてお肉が柔らかく煮えるのでおすすめ!

今回はそんな塩豚をもっとほろほろに柔らかく仕上げるべく、煮込み時にトマト酵母を使用。
酵母液だけで味に深みが出るので、コンソメ等のもまったく必要なし~♪
トマト酵母は液だけじゃなく実も加えて使えるので無駄がない。
そしてちょっと大人~な感じの風味を出すためにごぼうも投入!
ごぼうとトマトって意外と合う組み合わせなんだよね~。

ルクルーゼなどの厚手の鍋でじっくりと1時間弱煮込むと、もうお肉がトロトロで塊り肉なのにお箸でほろっと切れてしまう。
もしあんまり厚手の鍋じゃないときには、水分が蒸発しやすいので途中で水又は酵母液を足しつつ煮ることが大事。
ちょっと時間はかかるけどただ火にかけておけば出来ちゃうので、こういった煮物は大好きです♪


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-02-06 01:23 | コボ(酵母)料理

キャベツのおひたし

d0142961_23381135.jpg
■材料■
キャベツ
塩漬け柚子(自家製) 一切れ

胡椒
夏みかん酵母夏みかんコボ1号(仕込んでから9日目、常温に置いてから4日目)使用) 適宜 

■作り方■
キャベツは塩少々を入れた沸騰したお湯に入れてさっと茹でてざるにあげる。
塩漬け柚子はみじん切りにしておく。
キャベツの粗熱が取れたらキュッと絞ってざく切りにして(芯の部分は薄切りに)ボールに入れ、塩胡椒少々と塩漬け柚子夏みかん酵母で和えて味を整えて器に盛り付ければ出来上がり。

**************************************

キャベツが沢山あったので、量をたくさん消費すべく熱を加えておひたしにする。
この日のお料理がどちらかと言えば洋風のものだったので、柑橘類の香りプンプンの変わりおひたしもいいかな~と思ったのです。

d0142961_23384329.jpg茹でたキャベツに塩と夏みかん酵母だけでも良いのだけれど、それではちょっと見た目が地味なので(笑)冷蔵庫の片隅で眠っていた塩漬け柚子を出してきて刻んで混ぜてみました。
塩漬け柚子は、こちらに作り方を載せていますが、salahiさんの塩漬けレモンのレモンを柚子に置き換えたバージョン。
洋風の料理にも和風の料理にも、サラダ風のものにも煮物にも使えて便利です。
柚子はペクチンが多いのでレモンで作ったときよりもとろり~ん、まったりとしてますね~。
勿論実の部分も一緒に刻んで混ぜ合わせます。


彩りも良いし、夏みかん酵母が塩味をマイルドにしてくれて、柚子の風味はさっぱりと♪
キャベツを沢山食べられます!




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-01-30 23:40 | コボ(酵母)料理

ジャガイモと葉タマネギとパンチェッタのオーブン焼き

d0142961_23491599.jpg
■材料■
ジャガイモ
葉タマネギ(球の部分)
パンチェッタ(自家製使用)

胡椒
オリーブオイル
日向夏酵母日向夏コボ3号(仕込んでから21日目、常温に置いてから14日目)使用) 適宜 
タイム

■作り方■
ジャガイモはブラシなどで皮をよく洗い、皮は剥かずに一口大に切り、葉タマネギの球の部分は縦に4つ割り、パンチェッタは2cm幅くらいに切る。
耐熱皿にオリーブオイルを薄く伸ばし、ジャガイモ、葉タマネギ、パンチェッタを入れて軽めに塩胡椒してざっくりと混ぜ合わせ、200℃のオーブンに入れてジャガイモが柔らかくなるまで焼く。大体30分~45分くらい。(途中で一度くらいザクザクと上下を返すように混ぜ合わせると尚良い!)
オーブンから出したら、日向夏酵母をたらりんと回しかけ、タイムをパラパラと入れて全体をかき混ぜれば出来上がり。

**************************************

小粒の新ジャガは皮も薄くてきれいなのでそのままオーブンで焼くと皮がパリパリになってとってもおいしい!
実家からもらって大量にある葉タマネギと、風味づけと肉類補給を兼ねて(笑)パンチェッタも入れて焼く。
冷凍庫に常備のパンチェッタはこういうときにはとても便利!
作り方は別ブログのこちらの記事
パンチェッタを使うときには肉そのものに塩分が多いので、使う塩は控えめに。

ジャガイモにすっと串が通るようであれば焼き上がり。
いつもだったらここでざっくりと混ぜ合わせてそのままいただきまーす!となるのだけれど、日向夏酵母をかけてみたところ、香りもさっぱり、オイル分もさらっとした感じになり、よりおいしくなりました♪
別にこれでオイル分が減るわけではないのだけれど、なんとなーくヘルシーなのが良いんだよね。
香りの良い柑橘類の酵母はちょっとした風味付けに最高♪




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-01-21 23:52 | コボ(酵母)料理

菊芋のポタージュ

d0142961_0165559.jpg
■材料■
菊芋
タマネギ

牛乳 1カップ  
コンソメキューブ
日向夏酵母日向夏コボ3号(仕込んでから16日目、常温に置いてから9日目)使用) 1カップ 
オリーブオイル
ベイリーフ

胡椒

■作り方■
菊芋は皮を剥き薄切りにし、タマネギは繊維の方向に薄切りにする。
鍋にオリーブオイルをひき、タマネギを炒め、しんなりとしてまとまってくるようになったら菊芋と水、日向夏酵母液、ベイリーフを入れて弱火で30分程度煮こむ。
ベイリーフだけ取り除き残りはスティックミキサーでなめらかにし、牛乳を加えて沸騰しない程度にあたため、塩胡椒で味を整え器に盛り、最後に胡椒を少々ガリガリすれば出来上がり。

**************************************

d0142961_0171155.jpg菊芋は見かけは生姜のようだけれど、切るともっと瑞々しくヤーコンをもう少し白くしたような感じ。
エルサレム・アーティチョークと呼ばれていることからもわかるように、独特のアーティチョークに似た香りが絶品!
血糖値を下げる働きもあるというエライ野菜なんです。
まだなかなか見かけることが少ない野菜だけど、もっと広まるといいのにな。


スープにするととても甘くなりおいしいと言うので早速シンプルなポタージュにしてみましたが、特有の香りもほんのりとしてこれは好みのお味です。
そんなに甘みは感じなかったなぁ。
でもそのほうが私はさっぱりとして好きだと思うけど。

酵母液はこの菊芋のエグミを弱めるかなと思い入れたけど、そのせいなのかそれとも私はエグミを含めたこの菊芋の香りが好きなのかわかりませんが、とても優しいお味になりました。
他の柑橘類に比べて苦味もないし香りもマイルドなので、日向夏酵母はお料理にも使いやすいと思います。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-01-17 00:19 | コボ(酵母)料理

鮭のmagicスパイス焼き

d0142961_033434.jpg
■材料■


magicスパイス
パイナップルミント・ミント混合酵母パイナップルミント・ミント混合コボ1号(仕込んでから21日目、常温に置いてから20日目)使用) 
オリーブオイル

■作り方■
鮭をキッチンペーパーで水気をふき取ってから少々の塩とmagicスパイスをまぶす。
それをバット(又は鮭が入っていたプラ容器)に並べてミント酵母をかけて、ラップをして冷蔵庫で30分程度寝かす。
フライパンに少量のオリーブオイルをひき、鮭を置いて両面をこんがり焼ければ出来上がり。

**************************************

鮭はシーズンを問わずいつでも売ってる便利な魚。
青魚の鮮度のよいものにめぐり合わなかった日には鮭を買うことも多いです。

そして魚料理にはいつでも必ず酵母♪
少々漬けとくだけで生臭さも押さえられるし、何より身が柔らかくふっくらと焼けるのでホントに欠かせない。

この料理に使っているmagicスパイスアヤナーさんからお土産に頂いたもの。
塩分も入っているのでこの一振りで味が決まるのも嬉しいね。
簡単にルイジアナ~な鮭になっちゃうのがたまらなく便利♪
フツーの鮭がケージョン料理に早代わり♪
他のメニューが和食じゃないときの魚料理に便利です。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-01-12 00:34 | コボ(酵母)料理

蒸し鶏のネギソースがけ

d0142961_1165154.jpg
■材料■
鶏もも肉 1枚
長ねぎの青い部分
生姜酵母生姜コボ1号(仕込んでから57日目、常温に置いてから49日目)使用) 大さじ1
りんご酵母りんごコボ8号(仕込んでから10日目、常温に置いてから7日目)使用) 大さじ1
長ねぎ 1本分

胡椒
サラダオイル

■作り方■
鶏もも肉を広げて皮の部分にフォークを刺してところどころに穴を開け、塩を少々振る。
耐熱容器にネギの青い部分とこの鶏もも肉を入れ、上から生姜酵母とりんご酵母をかけて30分程度寝かせてから、ラップをして電子レンジに入れ肉に火が通るまで強弱の調整が出来るのであれば強にして7分程度蒸す。
長ねぎはみじん切りにし、小さな耐熱の器かボールに入れて塩(大体小さじ1/3くらい)胡椒を振り、中華鍋で煙が出るまで熱した大目のサラダオイルをジュッとかけてすぐに混ぜ合わせる。
蒸した鶏もも肉を食べやすいようにスライスして皿に盛り、ネギソースをたっぷりかけて出来上がり。

**************************************

蒸した鶏肉に熱した油でジュッとしたネギソースをかける食べ方は、前にネギが食べ切れない時に友人に聞いたレシピ。
電子レンジで蒸せばとても簡単だし、みじん切りのネギは私の嫌いなあの中身が出てくるようなグニッとした食感もないし、熱くした油をかけることによりネギの香りもあまりツンとしなくて香ばしさが増す感じなので、ネギがいっぱいあるときにはかなりの頻度で作っています。

d0142961_1171412.jpg鶏肉一枚に対して大体日本酒大さじ1を振って生姜の薄切りをのせて蒸していたのだけれど、生姜酵母があるのでそれを肉にまぶすようにして、さらに肉を柔らかくするのにはもうちょっと水分が多くしみこむ感じがいいかな~と思い、りんご酵母液もあわせてみました。


うふ~ん、電子レンジでもふっくらと蒸せますよ~。
蒸し器での蒸し物は、わざわざ蒸し器を出すって時点でちょっと面倒になっちゃうけど、レンジは手軽♪
うちでは電子レンジは壊れたら泣いちゃう家電製品のベスト3にランクインするほど使ってます♪

最後にネギソースを作るときに熱くて煙が出てるくらいの油をネギにジュッとする瞬間が楽しくてそしてちょっと緊張!
周りにちょっぴり油が飛び跳ねることもあるので少々大きめの器か高さがあるボールでやるのが良いと思います。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-12-23 01:18 | コボ(酵母)料理

レバニラ炒め

d0142961_0592249.jpg
■材料■
豚レバー 好きなだけ
ニンニク 1片
長ねぎ 10cmくらい
醤油 大さじ1
生姜酵母生姜コボ1号(仕込んでから55日目、常温に置いてから47日目)使用) 大さじ1
ニラ 1束
サラダオイル 適宜
塩 適宜
胡椒 適宜

■作り方■
豚レバーは塊りだったら薄く削ぎ切りにしてから、熱湯を入れたボールに入れてさっと表面の色が変わったら水に放ち、時々水を取替えながら30分程度浸し、血抜きする。
ニンニクと長ねぎをみじん切りにし、醤油と生姜酵母と合わせ、そこに水気を切った豚レバーを漬けて30分程度おく。
ニラは3センチ程度に切っておく。
中華鍋を熱して煙が出てきたらサラダオイルを入れ、すぐに汁気を切った豚レバーを入れて火が通るまで炒め、皿に取り出しておく。
中華鍋に少々オイルを足してニラを炒め、しんなりしたら豚レバーを戻してざっくりと混ぜ合わせて炒め、塩、胡椒で味を整えて出来上がり。

**************************************

酵母を使わずにニラレバ炒めを作るときには、レバーを漬け込む液は、醤油、日本酒、ニンニク、生姜、長ねぎを混ぜ合わせるのだけれど、風味と肉を柔らかくする効果のある生姜酵母があるので日本酒と生姜の部分を生姜酵母に置き換えて作ってみた。
こちらのほうがお手軽♪
勿論効果のほども確かです。

中華鍋でレバーに限らず肉を炒めるときに、私はどうしても鍋に肉がくっついちゃって、細かくなってしまったり形が崩れてしまったりしていたのだけれど、まずは中華鍋をカンカンに熱くしてそこにオイルを入れてオイルがまだ冷たいうちに肉を入れて炒めるようにするとくっつかなくなると知り、それ以来余り汚くなることなく炒められています。

レバニラ炒めのレバーはもしかしたら鳥レバーを使うほうが王道なのかもしれないけれど、私がいつも行く近所のスーパーではあんまり新鮮な鳥レバーがなく、豚レバーはスライスされているものが売っているのでいつもそちらを買って作ってます。
牛乳で血抜きするなどいろいろ方法はあるようですが、私はいつも熱湯にくぐらせてから水に漬ける方法です。
その後生姜酵母入りの汁に漬けておくことも効果があると思うのだけれど、臭みがないおいしいニラレバ炒めが出来ますよ~。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-12-23 00:59 | コボ(酵母)料理

四物湯

d0142961_0564686.jpg
■材料■
豚スペアリブ
大根
生姜酵母生姜コボ1号(仕込んでから44日目、常温に置いてから37日目)使用) 大さじ1
四物湯


醤油 大さじ1(生姜酵母と同量)

■作り方■
大根は皮を剥きいちょう切りにし、豚スペアリブは一度湯でこぼしておく。
四物湯の素のうちクコの実以外をダシパックに入れておき、、鍋に水と四物湯を入れたダシパックとクコの実、生姜酵母を入れしばらく煮出す。
十分に香りと色が移ったらダシパックを取り出し、豚スペアリブと大根を入れてアクを引きながら煮る。
肉と大根が柔らかくなったらダシパックを取り出し、醤油、塩で味を整えて出来上がり。


**************************************

d0142961_057690.jpg四物湯(しもつとう)とはこんなもの。
熟乾地黄、當歸、白芍、川芎、紅棗、黒棗、枸杞が入っていて、このうち熟乾地黄の成分により煮出すとスープが真っ黒になるのです。
女性にはとてもよい漢方だそうで、Fujikaさんから台湾のお土産で頂きました。
ジップロックに入れて冷蔵庫に入れておいたのだけれど、漢方薬みたいな香りがプンプンしてます。


クコの実以外は食べないと言うのでダシパックに入れて煮出しました。
あっと言う間にスープは黒くなり、キッチン中と言うよりもうち中が漢方の香り~。
お肉を入れたスープにしても良いらしいので、せっかくならば骨からもダシが出そうなスペアリブにしようと一緒に煮込んだのだけれど、このキョーレツな匂いは夫は駄目かも…。
特に味付けせずに飲むスープもおいしいよと言われ、味付け前の物を飲んで見たところすっきりとしたお味。
しかしこれではきっと夫は駄目だろうと塩、醤油などで味を付けたのだけれど、実は味付け前の方が飲みやすく好みのお味だった気がします。

頂いた四物湯の半分の量を使って4人分くらいのスープが出来たのだけれど、成分が薄くなってしまっても夫と共に食べるにはもう少し少量を煮出して、ほんのり漢方の香りにしたほうがよかったかな。
食べた後にとっても体がぽかぽかしてきたのにはびっくりしました。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-12-11 01:08 | コボ(酵母)料理