「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:にんじん葉コボ(酵母)ちゃん( 1 )

にんじん葉コボ1号

d0142961_175314.jpg2月18日、伊豆の修善寺温泉ツアーで買ってきた間引き人参の葉っぱをいっぱい瓶に詰めて、りんごコボ7号と蜂蜜と水を入れてはじめての人参の葉っぱのコボちゃんを仕込む。
そのまま冷蔵庫へ。


d0142961_1754628.jpg人参の葉っぱは柔らかいものならそのまま飾って生で食べても、ちょっと揚げてもおいしいよ。
今回の間引きにんじんは、こんなに小さくてかわいいもの。
人参の実のほうもこのままマヨネーズをつけて生で食べたら甘くて最高♪


2月24日、6日目に常温へ。
今回は、前に仕込んだりんごコボがまだ沢山残っていたので、にんじん葉コボちゃんには冷蔵庫でちょっとゆっくりしてもらってました♪

d0142961_1762252.jpg2月26日、常温に出して2日目でどうやら発酵した様子。
にんじん葉は茎のところが少々赤みがかっていたので、出来上がったらしい酵母液もほんのりピンク色に染まっています。


d0142961_1764345.jpg蓋を開けると、しゅわーーっと元気な泡と共に、にんじん葉もボンっと上に上がってきました。(笑)
ミントの時にもそうだったけど、葉っぱ系の酵母は泡が大きいですね。


d0142961_1765521.jpg途切れなく早い勢いで立ち上る泡!
香りはパセリの香りです♪


このパセリの香りのにんじん葉コボちゃん、前に仕込んだパイナップルミントの時もそうだったんだけど、こういった香りが弱めの葉ものってあまり日にちが経ってくるとその葉っぱが本来持っている香りが酵母の発酵する香りに負けてしまい、発酵臭だけがやたらと気になるコボちゃんになってきます。
お肉や魚を焼く前に漬け込んでデトックスや柔らかくするために使うって言う時には良いと思うけど、香りそのものを楽しむ使い方やパンを焼く、玄米を炊くために使う場合は、出来るだけ早いうちのほうが良いと思います。
特に畑をやっている人や、こういった新鮮な葉がついている野菜を買える直売所が近くにある人にとっては、フルーツよりもお金もかからず起せるこういった酵母は魅力的だと思うし、私自身も手に入れば取り入れていきたいと思っているので、早めの使いきりを心がけたいと思います。



にんじん葉コボちゃんから出来たもの~♪

カンパーニュ
ニンニク醤油入り玄米ご飯
焼き塩豚のネギソース
ひよこ豆入り玄米ご飯



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-06-07 17:09 | にんじん葉コボ(酵母)ちゃん