「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日向夏コボ(酵母)ちゃん( 3 )

日向夏コボ3号

4月30日、日向夏にて酵母を仕込む。
今回はちょっと新しい試みを♪
いつもだったら柑橘類の場合皮ごとザクザクと切って瓶に入れるのだけれど、今回はザクザクと切ったら外皮を剥いて、まずは瓶に実を入れてその上に皮を入れて、水とパイナップルミント・ミント混合コボ1号液を少々と蜂蜜少々を入れてから冷蔵庫へ。
皮を剥いて上に載せているのは後から皮を取り出すため。

5月7日、仕込んでからずいぶん日にちが経っていますが(その間沖縄に行って留守にしていたので~~~)7日目に冷蔵庫から出し常温へ。

d0142961_05286.jpg5月9日朝、何となくプクプクしているので開けてみようと蓋をちょっと緩めると、ぷしゅーっといっぱいあふれてきた~!


d0142961_0522261.jpg蓋を取ったらこれだけ酵母液が減ってしまったけれど、お皿で受けているのでちょっぴり味見がてら飲む分を残し瓶に戻す。(シュワシュワ酵母は微炭酸ジュースのようでおいしい♡)


d0142961_0523771.jpg5月9日夜、もう一度蓋を開けてみると、泡もより細かくなり途切れなく立ち上りとてもよい感じに発酵してました。
ここで新しい実験として皮を取り出します。
なぜかといえば、柑橘類の酵母ってやっぱり皮の苦味が酵母液にも溶け込むのでやっぱり苦くなっちゃうんですよね。
だからと言って皮を入れずに仕込むと発酵具合がイマイチなので、きちんと発酵するまでは皮の力を借りて、発酵した後は多分皮を取り除いても大丈夫だろうという目論み。


d0142961_0525669.jpg5月14日、皮を取り除いて実だけにして冷蔵庫にて保存していた日向夏コボ3号。


d0142961_053872.jpgうふふ、大成功~♪
シュワシュワと元気に発酵が持続しておりました!
これからの柑橘類の酵母はこの途中で皮を取り除く方式で仕込みたいと思います。

この苦くない柑橘類酵母の作り方の詳しいことはこちらの記事にアップしてます。
こんな5月の記事を真冬の1月にアップしているのろまなカメの私ですが(汗)、これから特に国産柑橘類が多く出回る時期なので、この苦くないコボちゃんの作り方が大活躍のはず!
図らずもジャスト・オン・タイム!!(爆)




日向夏コボ3号から出来たもの~♪
焼き葉タマネギのフライド・ワイルドライスがけ
菊芋のポタージュ
コンビーフハッシュ入り丸パン
鰤カマ焼き
ジャガと葉タマネギとパンチェッタのオーブン焼き
夏みかんコボ1号にエキスを少々入れて元気の素となる!



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-01-15 01:00 | 日向夏コボ(酵母)ちゃん

日向夏コボ2号

d0142961_23172876.jpg4月1日、日向夏と水、蜂蜜と伊予柑コボ3号のエキスを少々入れてコボ仕込み。
柑橘類の酵母は時間が経つにつれ、皮の苦味が酵母液にも溶け込んでしまうので、今回は実験的に発酵したらすぐに皮を取り出して苦味を出さないようにするために、クルクルと皮を剥いた実を瓶に入れ、剥いた皮も更に入れて皮を途中で取り出しやすくする。
日向夏がいっぱいあったので、1号と2号をまとめて仕込み、それぞれ冷蔵庫へ。


4月7日、1号、2号共に常温へ。

d0142961_2318497.jpg4月8日朝、早々とちょっぴり発酵。


4月8日夜、かなり発酵してシュワシュワときめ細かい泡があふれてきたので、ここで皮だけ取り除く。
日向夏コボ1号はここで早速天ぷら衣に変身するが、2号はしばし冷蔵庫でお眠りいただく。

d0142961_23195811.jpg4月14日、日向夏コボも使い切ってしまったので2号の登場。
冷蔵庫から出し少しの時間しか置いてないのに、蓋を開けようとしたら早くも噴水状態!
あわてて瓶を置いてデジカメセットしてシャッター押して…、この間しばらく時間がかかったにも関わらず果てしないように思えるほどあふれる泡。
そして瓶内では下から上へ止め処もなく上ってくる泡。


d0142961_23201520.jpgなぁんてキレイなんでしょう~!
皮を取り除いてもこれだけシュワシュワするって、やっぱり柑橘系の発酵力は素晴らしすぎ!!


d0142961_23203626.jpg実も全部飛び出しそうな勢いです。(笑)


早速お料理に使いましょう♪


日向夏コボ2号から出来たもの~♪
菊芋としょうがの味噌酵母漬け
カンパーニュ
豚ロースのソテー
ライ麦入りカンパーニュ


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-10-26 23:22 | 日向夏コボ(酵母)ちゃん

日向夏コボ1号

日向夏を近所のスーパーで発見!
日向夏は小夏と呼ばれていたり、ニューサマーオレンジと呼ばれていたりもするよね。
さっぱりとしていて大好きな柑橘類。

d0142961_0554951.jpg4月1日、日向夏と水、蜂蜜と伊予柑コボ3号のエキスを少々入れてコボ仕込み。
柑橘類の酵母は時間が経つにつれ、皮の苦味が酵母液にも溶け込んでしまうので、今回は実験的に発酵したらすぐに皮を取り出して苦味を出さないようにするために、クルクルと皮を剥いた実を瓶に入れ、剥いた皮も更に入れて皮を途中で取り出しやすくする。
日向夏がいっぱいあったので、1号と2号をまとめて仕込み、それぞれ冷蔵庫へ。


4月7日、1号、2号共に常温へ。

d0142961_056254.jpg4月8日朝、早々とちょっぴり発酵。


d0142961_0562033.jpg4月8日夜、おおーーっかなり発酵、シュワシュワ~~~。


d0142961_0563298.jpgすごーくきめ細かい泡ですよね~。
ここで皮だけ取り除く。


早速この日にお料理にも使う。

d0142961_0565178.jpg4月9日、ひゃぁ~蓋がこんなに膨らんでいます…。
皮を取り除いた後も、更にかなり元気よく発酵が進んでいる模様。


d0142961_057623.jpg蓋を開けると…。
噴水状態~~~。
苦くならない柑橘系酵母(皮取り除き法)、大成功です♪



日向夏コボ1号から出来たもの~♪
行者ニンニクと独活、ドライトマトのフリット
シードル
タラの芽とスナップエンドウのフリット
トマトコボ2号生姜コボ1号に少々入れて、元気の素となる!



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-10-20 00:59 | 日向夏コボ(酵母)ちゃん