カテゴリ:柿コボ(酵母)ちゃん( 3 )

柿コボ3号

d0142961_2324263.jpg1月2日。
成功した柿コボ2号のエキスを少々入れて仕込みます。
3号の柿は、もうジュクジュクで皮を剥くのも大変かもって言うぐらいに熟した柿。
糖分なし、水なしで仕込みます。
冷蔵庫に入れて、この後しばし実家へ帰省。


1月6日。
冷蔵庫に入れて4日目で常温へ移します。

d0142961_23245567.jpg1月7日。
まだ一日しか経ってないけど、なんとこんなに分離してる~~~。
これがホントの発酵だったのだなぁ。
これから見ると、柿コボ2号は分離せずに全体的にふつふつと泡だっているだけだったので、きっと発酵が弱かったのでしょう。
何度も試してみると違いもわかっておもしろい。


d0142961_23251633.jpgそしてここまで分離しているのだからこれは早く蓋を開けてあげなければいけません。
でも、よーく見るとこの蓋、かなり膨らんでませんか~~~。


d0142961_2325335.jpgこれは同時に仕込んだパイナップルミントコボちゃんの蓋。
まだ発酵してないもの。
こちらは蓋が平らですよね。
あ~絶対↑の柿コボちゃんの蓋は中からのガスの力で膨張してるわ~。


d0142961_23255835.jpg恐々と開けてみるとこんな感じ。
一気に皮と実が上に押し上げられてきて、シュワシュワの泡ももう少しであふれ出しそう!
水も糖分も入れてないのにスゴイ、すごーい!
今日からもうお料理に使っちゃうぞー。


d0142961_23261378.jpgそして翌日1月8日。
昨日であふれそうな状態だったから、蓋を開けるのがちょっと怖いような楽しみのような…のガス抜き&コボちゃんチェックタイム。
ギャーーッ!キターーーーーーーーーッ!!!
蓋を少し緩めたそのそばから、滝のような勢いで柿コボちゃんがあふれてきます!
リンゴの真っ白で爽やかなシュワシュワとはまた違い、濃いオレンジ色のキメ細かい泡です。
受け皿敷いててよかったよ~。
少し味見して(ほんのり甘い♡)、受け皿にあふれた酵母をまた瓶に戻しておきました。


d0142961_23265129.jpg1月12日。
この間ずっと常温に出しっぱなしにしておいたら、実が全部とろとろになって残った皮だけが上に浮いている状態です。
ここまでくると少しだけどアルコールも混ざったようなかなり濃厚な香りです。
最後の最後まで使い尽くそうと、皮から少々残っている実をしごいて酵母をグルグルと混ぜて使い切ります。




柿コボ3号から作ったもの♪

大根の水キムチ
紅芋と打ち豆の煮物
クラッカー
酵母炊きご飯(普通の白米のご飯を炊くときに柿酵母を混ぜて炊くだけ。糖分を入れてご飯を炊くとツヤツヤに炊きあがると聞いたので柿酵母はまさにぴったりと思ったのですが、色がオレンジ色だけに炊き上がりが真っ白にならず思っていたよりイマイチでした…^_^;)
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-03-01 00:54 | 柿コボ(酵母)ちゃん

柿コボ2号

柿コボ1号は見事撃沈したけど、りんごコボちゃんは成功したし、失敗を踏まえて今仕込めば絶対できるはず~とハイテンションに2号を産むことにしました♪

d0142961_2355325.jpg12月20日、前回はまだちょっと固めの柿を使ってしまったので、今回はかなり柔らかくなった柿を使いました。
ヘタの部分だけとって、皮は剥かず種もそのまま。
8等分にしたものをさらに半分に切り瓶に入れ、水も糖分も入れずにそのまま冷蔵庫へ。


d0142961_23553697.jpg12月24日、4日目に常温に出します。
とろとろのほうが発酵しやすいのかな~と思い、思いっきり瓶を振ったりして柿を少々崩してみる。


d0142961_23574517.jpg保温対策を施しながら常温に出して4日目、12月28日。
もうほとんど形を残していない柿のペーストがふつふつ泡だっています。
リンゴコボのようにシュワシュワしてないけど、水も入れてないしこんなもんでいいのかな。


d0142961_23564510.jpgためしにスプーンですくって舐めてみると、もっと甘いのかと思ってたけどそんなに甘くないんですね~。
香りは柿をさらに濃厚にしてちょっぴりだけアルコールを加えたような感じ。
このあたりで使い始めることにしましょう♪




柿コボ2号から出来たもの~♪

風呂吹き大根
舞茸の炊き込みご飯
大根のカルパッチョと柿ソース
柿コボ3号に残りを入れて、元気に発酵する素となる!
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-02-20 00:00 | 柿コボ(酵母)ちゃん

柿コボ1号

d0142961_195456.jpg私にとってはじめての酵母。
ちょうど柿があったので、早速仕込んでみた。

11月23日、柿酵母仕込み。
皮を剥いた柿を8等分にし、煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫へ。
「新しいごはん」にあった柿酵母の通り、水なし、糖分なしの全くの柿のみ。
11月26日、冷蔵庫から常温へ移す。(写真)
果物についていた発泡スチロールのネットを瓶にかぶせて、キッチンの棚に置く。

…ガーン…
数日後気がついたら、柿の表面にふんわりと白いケバケバが…。
これはきっとカビですね…。

初めてのうちのコボちゃん、柿コボ1号、見事撃沈!

原因は明らかです。
大体皮の周りに酵母が多いというのに、何を間違えて皮を剥いて仕込んだのか~~~。
そしてその柿も一応食べられる程度には熟していたけど、ちょっと固めだったようです。
それから置いてた場所もあんまり暖かいところではなかったような…。

そんなこんなで駄目でした。
うむむ、この失敗で、やはりあの「新しいごはん」のシュワシュワの写真は夢なのか~とちょっぴり思ってしまい、冬に酵母を起すというのは初心者には無謀なのか…と自信がなくなる。
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-02-03 01:12 | 柿コボ(酵母)ちゃん