<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

レモン酵母のニンジンサラダ

d0142961_2324966.jpg
■材料■
にんじん 2本 
レモン酵母レモンコボ3号(仕込んでから11日目、常温に置いてから5日目)使用) 適宜

胡椒
オリーブオイル

 
■作り方■
にんじんは皮を剥いてから千切りスライサーで千切りにする。
にんじん以外の材料を混ぜ合わせてドレッシングを作り、にんじんの千切りに加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほど寝かせれば出来上がり。
二日くらいは十分日持ちするのでまとめて作って冷蔵庫で保存しています。

**************************************

困ったときのにんじんサラダ。
いろいろなバージョンで作っていますが(こちらの記事にバリエーション載せてます♪)、これは基本バージョンのレモン汁、塩、胡椒、砂糖、オリーブオイルを混ぜ合わせたドレッシングのれレモン汁をレモン酵母に置き換えてみました。

実は私、子供の頃からずーっとにんじん嫌いなんですが、この千切りにんじんのサラダはなぜか食べられます。
生のにんじんは好きって言うのもあるし、ドレッシングであえて時間を置くと、あの独特なにんじん臭さも気にならなくなりとてもおいしいんですよ~。
もしにんじん嫌いの方がいたら、是非一度騙されたと思ってお試しを~。
伊予柑酵母で作ったニンジンサラダもとってもおいしかったし、柑橘系の酵母とニンジンの相性はバッチリです!


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-26 23:25 | コボ(酵母)料理

ラディッシュと生姜の味噌酵母漬け

d0142961_2381237.jpg
■材料■
生姜
ラディッシュ
味噌
レモン酵母レモンコボ3号(仕込んでから10日目、常温に置いてから4日目)使用) 

■作り方■
生姜はキレイに洗い適当な大きさに切り、ラディッシュは葉と実に分けて切っておく。
味噌を少し緩めるようなつもりでレモン酵母を入れてよく混ぜ、水気を拭いたラディッシュと生姜にスプーンやへらなどでまぶすようにしてからジップロックに入れ、出来るだけ空気が入らないようにジッパーを閉めて冷蔵庫で保存。
ラディッシュは2日後くらいから、生姜はもう数日置くと中まで味が沁みておいしくいただけます。
葉っぱものは軽く洗って味噌を落とし、実ものは漬かりが浅いうちは軽く味噌をぬぐって、もう少し日にちが経ってしょっぱくなってきたら味噌を洗って食べると良いです。


**************************************

d0142961_2384475.jpgベランダのラディッシュの最終収穫。
あまり思い切って間引きできなかったものもあり、実は小さいのも多いのだけれど、葉っぱがずいぶん茂ってきて立派になり、実はこれ以上大きくなりそうにはないので全部まとめて引っこ抜いて、またまた味噌酵母漬けにしてみました。
この味噌酵母漬けは簡単でほんとにおいしい~!
せっかくの無農薬栽培の葉っぱも無駄なくおいしくいただけるのがいいんだよね~。(葉っぱはすごーくフルーティーなお味になります)
今回一緒に漬けたのは生姜。
これは絶対においしいはずと以前から是非試したかったのです。


d0142961_2393558.jpgいつものようにラディッシュや生姜に味噌酵母を擦り付けるようにしてジップロックへ。
写真の上側にあるのは少し前に仕込んだ蕪の味噌酵母漬け
時間が経つとこれだけ水分が出てきて味噌酵母が柔らかくなります。
なので最初はあまり緩々にしないほうが上手く漬かりやすくて良いみたい!


漬物を食べた後の残った味噌酵母は炒め物に使っても良いし、そのまま味噌汁用の味噌に使ってもおいしい!
特に生姜を漬けたこれは、風味も抜群でなかなかでした♪



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-26 23:13 | コボ(酵母)保存食

レモンコボ3号

3月10日、修善寺で買ったオレンジ色の最後のレモンでレモンコボ3号を仕込む。
少々お料理に使ってしまったので3/4個くらいと、水、蜂蜜、そしてレモンが少ない分、少々多めにレモンコボ2号のエキスを瓶に入れ、冷蔵庫へ。

3月16日、冷蔵庫から常温へ出す。

d0142961_22535194.jpg3月17日、ちょっと泡が見えてきたので蓋を開けると、う~ん、まだ発酵弱め目かな~。
少々蜂蜜を足し、朝と夜に蓋を開けて空気をいれ、そのまま数日常温保存。


3月20日から使い始め♪


レモンコボ3号から出来たもの~♪
生姜とラディッシュの味噌酵母漬け
ニンジンサラダ
からし菜と生ハムのサラダ
蕪の葉の塩酵母漬け
茄子と葉タマネギの八丁味噌味噌炒め
鮭のソテー
チキンとジャンボなめこのニンニク醤油炒め
海老のグリル焼き
野菜とベーコンのスープ(冷蔵庫の中で中途半端に残ってたジャガイモ、ニンジン、タマネギとベーコンを角切りにしてさっと炒め、コンソメスープで柔らかくなるまで煮て器に盛り、最後にレモン酵母を1人あたり大さじ1~2程度
加えて出来上がり。)


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-26 22:55 | レモンコボ(酵母)ちゃん

伊予柑コボのライ麦カンパーニュ

d0142961_1183097.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
ライ麦(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50cc
レーズン
くるみ
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(早い夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜中)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ね、ラム酒に少し浸して柔らかくしたレーズンとトースターで少々乾煎りした胡桃を手で小さく砕きいて混ぜてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後(翌朝)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

d0142961_118544.jpgおほほ…、クープがバリバリに開いてるでしょ~~~。
またまた形は少々いびつだし、なぜか片方のクープのみがガバッと開いたのでまん丸のはずが長細丸のカンパーニュになっちゃってるけど気にしなーい!(笑)
でも夫には「これは売り物には絶対にならないパンだね」って言われたけど…。(汗)


d0142961_1191227.jpg会社から帰ってきて前種仕込んで、夜中に2倍になったのでその前種使って生地を捏ね、朝にはタッパーの中でこんなに膨らんでいた~~~。
多分ライ麦パンと言うのは普通の粉に比べて発酵しにくいのではないかと思うけど、おそるべし伊予柑コボちゃんの発酵力♪
嬉しくなるね~。


d0142961_1193467.jpg胡桃とレーズンが入って少々重めの感じだったけど、スライスしてみるとなかな良い具合なのではないでしょーか。
スライス前は売れないパンだって、スライスしちゃえばわからない♪


d0142961_1195070.jpg翌日の朝食は、このライ麦パンを使ったサンドウィッチ。
トマトとわさび菜&ブルサンチーズと生ハム。
どちらもおいしいよ~。


d0142961_120921.jpg特にこのトマトが甘くてすっごくおいしかったのだけれど、これは大宮の先にある「温々(ぬくぬく)」と言う古民家カフェの前で買った産直野菜。
温々は田んぼ(?又は畑?)の真ん中にポツンとあるのだけれど、そこの畑で採れた野菜を売っているんですよ~。
それがすごーくおいしいの♡
ついつい買いすぎ注意報~!


d0142961_1202680.jpgそんなお野菜を作って、そして売ってるおじさんを激写!
「パソコンで紹介するからね~」と言ったら「おじさんはパソコンやらないから見られないけど、宣伝してね!」と言われた。
おじさん、遅くなったけどやっと紹介したからね♪
埼玉県地方にお住いのみなさま、とってもおいしくて素敵なカフェ温々に行かれた際は、是非駐車場前のこちらのおじさんのお野菜買って帰ってね~。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:25 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボカンパーニュ

d0142961_0573726.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから9日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから10日目、常温に置いてから5日目)使用) 50cc
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

一次発酵、二次発酵共に発酵力はなかなかのもの。
とにかく面倒くさがりなので、いつもいつもカンパーニュばかり焼いている私。
せめてたまにはクープだけでも変化させてみようと、パン屋さんのパンの写真を参考に真ん中がダイヤのマークになるように切れ目を入れて焼いてみた。

d0142961_0582847.jpg・・・・・・・・・
なんか想像してたのと違うんですけど。(笑)
いつものごとく、場所により膨らみ方が均一ではないってこともあるけど、それを差し引いてもものすごーくヘンなクープだ!!
うむむ、まだまだ修行が必要…。^_^;


d0142961_0581015.jpgヘンな見た目のパンだけど、スライスしてみたらまあまあだったよ。
お味も結構おいすぃ~~~。
パンは見た目ではないのだよ。
…でもやっぱり見ただけでおいしそうでバリバリッときれいにクープが割れたパン、焼いてみたいよのぉ。


この記事を書いているのは今、8月。
あ~3月頃は形がどうであれ、こんなに素敵に発酵してたのに、今はなんだか捏ねても捏ねても、焼いても焼いても膨らみ悪いイマジュウくらいのパンばかり…。
いびつだけれどこの頃はおいしそうに焼けてたのね。
なんだかパン焼き、くじけそうだよぉ~~~。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:00 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボ2号

d0142961_0202230.jpg3月6日、先日作った伊予柑酵母の香りがあまりにも良かったので、ホントはレモン酵母やらなにやらまだまだ使ってない酵母が沢山あるにも関わらず、買ってきて仕込んでみた。
伊予柑と水、蜂蜜、レモンコボ1号のエキスを少々入れて蓋をし、冷蔵庫へ。


3月11日、5日目に冷蔵庫から常温へ移す。

3月12日、ちょっとだけ沸々と泡が経っているようだったので蓋を開けて空気を入れる。
まだまだ弱めの発酵。

d0142961_021779.jpg3月13日、こんなに元気にシュワシュワ~~~。
きめ細かい泡の音と伊予柑の香りがたまらな~い!


d0142961_021221.jpgそして今回もやはり噴水!
こんなに酵母液があふれました!
伊予柑は発酵力強いなぁ~。



伊予柑コボ2号から出来たもの~♪
カンパーニュ(前種法)
胡桃とレーズン入りカンパーニュ(前種法)
伊予柑コボ3号に入れて元気の素となる!



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-19 00:22 | 伊予柑コボ(酵母)ちゃん

鰤カマのmagicスパイス焼き

d0142961_2318382.jpg
■材料■
鰤カマ

胡椒
magicスパイス
レモン酵母レモンコボ2号(仕込んでから14日目、常温に置いてから9日目)使用) 

■作り方■
鰤カマはさっと洗って血合いなどがあれば取りのぞき、キッチンペーパーで水気をふき取ってから身の側に少々の塩胡椒、magicスパイスをまぶす。
それをバット(又は鰤カマが入っていたプラ容器)に並べてレモン酵母をかけて、隙間にレモンの実をカマにくっつくように並べ、ラップをして冷蔵庫で30分程度寝かす。
魚焼きグリルに鰤カマとレモンの実を並べてカマの中まで焼ければ出来上がり。

**************************************

鰤カマは大好きな食材なので、魚売り場で見かけると必ずと言っていいほど買う私。
ボリュームあってホントにおいしいのに安いんだよね~。

d0142961_23182267.jpgそして魚に酵母と言うのはもう外せないほどの定番で、特に血合いもついてるカマなんかの場合には少々漬けとくだけで生臭さも押さえられるし、何より身が柔らかくふっくらと焼けるのでホントに欠かせない。
グリルで焼くときに周りに柑橘酵母の実をいっしょに入れて焼くと、「魚焼いてるな~」って言う臭いも押さえられて(嫌いじゃないけどこのにおいは部屋にこもるからね…)、良いこと尽くし♪


鰤カマ焼きの定番は、ただの塩胡椒かそこにハーブをのせたハーブ焼きなのだけれど、今回はアヤナーさんからお土産に頂いた「magic」と言うおじさんマークも可愛いスパイスを使ってみた。
お魚料理にとっても合うらしい!!
塩分も入っているのでこの一振りで味が決まるのも嬉しいね。
簡単にルイジアナ~な鰤カマになっちゃうのがたまらなく便利♪

日本でもこれ、売っているのかな。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-16 23:22 | コボ(酵母)料理

肉じゃが

d0142961_2302677.jpg
■材料■(約2人分)
ジャガイモ    3個 
牛薄切り肉    100g
タマネギ     1個
サラダオイル   適宜
砂糖        大さじ1/2
醤油        大さじ1
塩         少々
水          150cc
レモン酵母レモンコボ2号(仕込んでから13日目、常温に置いてから8日目)使用)  50cc
銀杏 あれば彩りとして少々

■作り方■
皮を剥いたジャガイモを大き目の一口大に切り、水に浸しておく。
タマネギは皮を剥き、縦に半月形に切り、牛肉は食べやすい大きさに切る。
鍋にサラダオイルを引き、肉をさっと炒め続けてタマネギ、ジャガイモを入れて炒め、水、レモン酵母、その他調味料を入れて煮立て、アク抜きをしてから落し蓋をして弱火で20~30分ほど煮る。
最後に銀杏を入れてさっと混ぜ合わせ、器に盛って出来上がり。

**************************************

昔買った千趣会の料理本の作り方と分量を基本にしているうちの肉じゃが。
だし汁で煮るととてもおいしく出来るのだけれど、そのだし汁に代えて酵母液にしたらきっと自然の甘みと旨みがあり、お肉も柔らかい肉ジャガが出来るのではないかなと、だし汁の部分を水と酵母液に代えてみた。

醤油なども入っているので、苦味が出てしまったレモン酵母のお味も気にならず、お肉もプリプリの仕上がり。
自然の甘みも少々加わっているかなぁと言った感じ。(何となく程度だけど)
肉を炒める前に酵母液に漬けておいても良かったかもね。
りんご酵母なんかで作ってもきっとものすごくおいしい気がします♪

彩りに使った銀杏はまとめ買いして炒って皮を剥いたのを冷凍しておいたもの。
銀杏がないときには枝豆なんかを散らしてもとっても食欲そそる肉じゃがになるよ。
茶色い地味~な煮物もアクセントがあるとずいぶんイメージ変わります♪



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-16 23:02 | コボ(酵母)料理

レモン豆乳ヨーグルト

d0142961_22402542.jpg
■材料■
豆乳
レモン酵母レモンコボ2号(仕込んでから8日目、常温に置いてから3日目)使用) 

■作り方■
酵母スイーツ」に載っている作り方で。

**************************************

minominoさんが豆乳と苺酵母を使って、とってもおいしそうな酵母ヨーグルトを作られていたので、思わず作り方と分量を聞いて作ったレモンヨーグルト。
しかし…。
私の勝手な思い込みで豆乳の量の単位を間違え、固まらなかった~~~。^_^;
これで成功したら、毎朝のヨーグルトはこれで行こう♪とそのための容器も買ったんだけどねぇ。(100均だけど…汗)
これで作れたら、お腹にも良さそうな植物性ヨーグルトが毎日食べられる~と気合十分だったんだけどな。

今度は分量を間違えないようにして最チャレンジしなければ!
香りの良い果物で仕込むのが良さそうな感じです♪



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-16 22:45 | コボ(酵母)スイーツ

茹で蕪のきびもち味噌ソースがけ

d0142961_1544393.jpg
■材料■
蕪 4個
レモン酵母レモンコボ2号(仕込んでから7日目、常温に置いてから2日目)使用) 
○きびもち味噌ソース材料○
炊いたもちきび(大さじ4を炊いたうちの約1/3量(もちきびの炊き方はこちらにあります))
レモン酵母レモンコボ2号(仕込んでから7日目、常温に置いてから2日目)使用) 西京味噌と同量
西京味噌 レモン酵母と同量
 
■作り方■
別ブログ「楽子の小さなことが楽しい毎日」のこちらの記事参照。

**************************************

もちきびをドレッシングなどに使うために多めに炊いたので(炊いたもちきびは冷蔵庫で数日持ちますし、冷凍保存することもできます)、その一部を使って春らしい色合いのソースを作ってみました。

厚手の鍋(ル・クルーゼなど)に根菜を並べて少々塩をし、そこに少量の日本酒を振ってから蒸し煮すると、とっても甘い蒸し野菜が出来るのだけれど、この日本酒を酵母に代えても同じように甘~いお野菜が出来上がります。
しかし…、このレモン酵母はちょっと皮の苦さが液に移ってしまったので、蕪が少し苦くなってしまった~~~。
あぁ…、他はとってもおいしかったのにちょっと失敗…。

柑橘系の酵母と言うのはどうしても時間が経つにしたがって皮の苦味が液に溶け込んでしまうけど、この後苦くならない柑橘酵母の仕込み方を見つけたので、よろしければこちらを見てください♪
このときにこの仕込み方を発見してればもっとおいしく作れたのになー。





コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-15 15:47 | コボ(酵母)料理