タグ:カンパーニュ ( 25 ) タグの人気記事

伊予柑酵母のカンパーニュ(キャラウェイシード入り)

d0142961_048225.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ3号(仕込んでから12日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
ライ麦(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ3号(仕込んでから12日目、常温に置いてから4日目)使用) 50cc
キャラウェイシード 小さじ1程度
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(朝、出勤前に作る)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜帰ってきたら出来ていた)
ボールに粉と塩、砂糖、キャラウェイシードを入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ね、丸めてビニール袋に入れて一次発酵。
一次発酵の後(翌朝)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で40分、180℃で10分。


**************************************

d0142961_0492021.jpg前回粉の量を300gで仕込んだら、一晩のうちにいつも使ってるタッパーの蓋を持ち上げちゃうほど発酵したので、今回はビニール袋で発酵させることにした。
タイ料理教室で一緒のパンの先生Hさんのパン教室に参加したときの、ビニール袋で発酵させると言う方法を早速使ってみたのです。
ビニールは薄でのものを二重にして、だらり~んとならないようにタッパーに入れて置いておきました。
パン教室に参加して、捏ね方と捏ね上がりの生地の感じがわかるようになり、今までよりももっちりもちもちの良い感じの生地に捏ねあがったと思います。


d0142961_0514721.jpg翌朝!
きゃーっやっぱりね~。
ものすごく発酵してた~~~!
これじゃぁ蓋してても意味なかったから、ビニール袋仕込みにしておいてよかったよ。


焼き上がりはもう少しクープがガバッと開けば言うことなし!
一次発酵も二次発酵もかなり良い感じだったのだけど、あ~クープがあまり上手く開かないのはなぜ?
今回オーブンの温度と時間を少々変えたのだけれど、これがいいのかどうかはイマイチよくわからず。

d0142961_052955.jpgあはは~クープは開かなかったのだけれど、こんな下の方がもこもこ~っと伸びてました。^_^;
うむむ、なかなかやってくれるじゃないの~~~。
決められたレールの上をただ進んで行くのはつまらないと思ったのかしらね。(笑)
何が起こるかわからないのも自家製酵母のパンの魅力♪




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-09-11 00:55 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボのライ麦カンパーニュ

d0142961_1183097.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
ライ麦(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50cc
レーズン
くるみ
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(早い夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜中)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ね、ラム酒に少し浸して柔らかくしたレーズンとトースターで少々乾煎りした胡桃を手で小さく砕きいて混ぜてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後(翌朝)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

d0142961_118544.jpgおほほ…、クープがバリバリに開いてるでしょ~~~。
またまた形は少々いびつだし、なぜか片方のクープのみがガバッと開いたのでまん丸のはずが長細丸のカンパーニュになっちゃってるけど気にしなーい!(笑)
でも夫には「これは売り物には絶対にならないパンだね」って言われたけど…。(汗)


d0142961_1191227.jpg会社から帰ってきて前種仕込んで、夜中に2倍になったのでその前種使って生地を捏ね、朝にはタッパーの中でこんなに膨らんでいた~~~。
多分ライ麦パンと言うのは普通の粉に比べて発酵しにくいのではないかと思うけど、おそるべし伊予柑コボちゃんの発酵力♪
嬉しくなるね~。


d0142961_1193467.jpg胡桃とレーズンが入って少々重めの感じだったけど、スライスしてみるとなかな良い具合なのではないでしょーか。
スライス前は売れないパンだって、スライスしちゃえばわからない♪


d0142961_1195070.jpg翌日の朝食は、このライ麦パンを使ったサンドウィッチ。
トマトとわさび菜&ブルサンチーズと生ハム。
どちらもおいしいよ~。


d0142961_120921.jpg特にこのトマトが甘くてすっごくおいしかったのだけれど、これは大宮の先にある「温々(ぬくぬく)」と言う古民家カフェの前で買った産直野菜。
温々は田んぼ(?又は畑?)の真ん中にポツンとあるのだけれど、そこの畑で採れた野菜を売っているんですよ~。
それがすごーくおいしいの♡
ついつい買いすぎ注意報~!


d0142961_1202680.jpgそんなお野菜を作って、そして売ってるおじさんを激写!
「パソコンで紹介するからね~」と言ったら「おじさんはパソコンやらないから見られないけど、宣伝してね!」と言われた。
おじさん、遅くなったけどやっと紹介したからね♪
埼玉県地方にお住いのみなさま、とってもおいしくて素敵なカフェ温々に行かれた際は、是非駐車場前のこちらのおじさんのお野菜買って帰ってね~。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:25 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボカンパーニュ

d0142961_0573726.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから9日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから10日目、常温に置いてから5日目)使用) 50cc
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

一次発酵、二次発酵共に発酵力はなかなかのもの。
とにかく面倒くさがりなので、いつもいつもカンパーニュばかり焼いている私。
せめてたまにはクープだけでも変化させてみようと、パン屋さんのパンの写真を参考に真ん中がダイヤのマークになるように切れ目を入れて焼いてみた。

d0142961_0582847.jpg・・・・・・・・・
なんか想像してたのと違うんですけど。(笑)
いつものごとく、場所により膨らみ方が均一ではないってこともあるけど、それを差し引いてもものすごーくヘンなクープだ!!
うむむ、まだまだ修行が必要…。^_^;


d0142961_0581015.jpgヘンな見た目のパンだけど、スライスしてみたらまあまあだったよ。
お味も結構おいすぃ~~~。
パンは見た目ではないのだよ。
…でもやっぱり見ただけでおいしそうでバリバリッときれいにクープが割れたパン、焼いてみたいよのぉ。


この記事を書いているのは今、8月。
あ~3月頃は形がどうであれ、こんなに素敵に発酵してたのに、今はなんだか捏ねても捏ねても、焼いても焼いても膨らみ悪いイマジュウくらいのパンばかり…。
いびつだけれどこの頃はおいしそうに焼けてたのね。
なんだかパン焼き、くじけそうだよぉ~~~。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:00 | コボ(酵母)パン

レモン酵母のカンパーニュ(黒胡椒入り)

d0142961_0361366.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
レモン酵母レモンコボ1号(仕込んでから12日目、常温に置いてから8日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
レモン酵母レモンコボ1号(仕込んでから13日目、常温に置いてから9日目)使用) 50cc
粗引き黒胡椒 適宜
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gのレモン酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩、砂糖、黒胡椒を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

レモン酵母の爽やかな香りに胡椒をあわせてスパイシーにしてみました。
柑橘系と胡椒の風味と言うのはとても合うと思うんですよね~。

d0142961_0363351.jpgずいぶん暖かくなってきたからか、前日夜に捏ねておいた生地が朝(と言っても休日は起きるのが遅いのでお昼近いですが…汗)になったらこんなに膨らんでて、蓋を押し上げてました!(゜o゜)
いつも300gの粉で生地を作っているけど、このタッパーの大きさだったら250gに変えたほうがよいのかなぁ。


d0142961_0364942.jpg一次発酵がこれだけ元気だったので、焼きあがったパンも良い感じに穴がぼこぼこ。
胡椒の風味がスパイシーでこれまた良い感じ♪
クリームチーズなどをのっけて食べたら最高のパンだなぁと思いつつ、買い置きがなくその後も買うのを忘れ、ずっとジャムをつけて食べてたような気がします…。


せっかくいろんなパン焼いてるんだから、それに合った食べ方しよーよー。(爆)




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-07-23 00:37 | コボ(酵母)パン

レモン酵母のカンパーニュ(ゴマ入り)

d0142961_0284414.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
レモン酵母レモンコボ1号(仕込んでから8日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
レモン酵母レモンコボ1号(仕込んでから13日目、常温に置いてから9日目)使用) 50cc
白ごま 適宜
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gのレモン酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから、ゴマを入れて更に捏ねて丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

ずーっとカンパーニュばっかり焼いている私なので(笑)、少しは生地に変化を出そうと白ゴマをたっぷりと入れてみました♪
今までそういうものを入れる時には粉を捏ね始める最初から塩などと一緒に入れていたのですが、先日のパン教室で後から入れると教わったので今回はそのようにしてみました。
こちらのほうが捏ねやすいし、ゴマがつぶれちゃったりもしにくいのでいいですね!

d0142961_0292653.jpg膨らみ方はまあまあかな。
ほんとのことを言うともう少しぶわーっと膨らんで欲しかったけど。


d0142961_0294868.jpgそして上から見るとわからないけど、実は写真には見えないところで氾濫が起きてました♪^_^;
うむむ、どうしていつもヘンなところが膨らみ過ぎちゃうんだろう…。
謎だわ~。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-07-23 00:24 | コボ(酵母)パン

にんじん葉酵母のカンパーニュ

d0142961_0314723.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
にんじん葉酵母にんじん葉コボ1号(仕込んでから10日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
にんじん葉酵母にんじん葉コボ1号(仕込んでから10日目、常温に置いてから4日目)使用) 50cc
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gのにんじん葉酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(朝)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜)
ボールに粉と塩、砂糖、キャラウェイシードを入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後(翌夕方)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

d0142961_032762.jpg割と元気に発酵していたんですけどね~。
生地が思いっきりダレてます…。(-_-;)
多分また水入れすぎちゃったんだろうな。
なんとなくね、固めの生地だと発酵しにくいような錯覚に陥ってしまい、あと少し、あと少しと水を足していってしまい、一次発酵が終わってみると思っていたより柔らか生地になってしまったりしてます。


ダレちゃって、こっちもイマイチやる気なくなっちゃったから、焼き上がりの写真さえ撮るのを忘れてました…。(汗)
そんなに香りにクセがないパンだったと思います。

d0142961_094978.jpg…と思ってたら、撮ってなかったと思ってた焼き上がりの写真発掘!(2008.7.9)
そんなに香りにクセはなかったとしても、このパンはひどいわ~。
あまりのひどさに忘れたい過去だったのかも…。(爆)
水分入れすぎに加えて発酵も十分じゃなかったみたい…。
食べられないことはなかったけど、なんだかむっちりむちむち、ぼっそりごわごわ、ヘンなパン!(-_-;)
こんなヘンなパンでも一応焼けてしまったし捨てるのには忍びなかったので、うすーくスライスしてカリカリに焼いてラスク風にしたり、同じく薄めにスライスしたものをオニオングラタンスープに入れたりして完食しました!
根性あるよね、私…。^_^;




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-07-10 00:20 | コボ(酵母)パン

りんご酵母のドライフルーツ入りカンパーニュ(前種法)

d0142961_0211055.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
りんご酵母りんごコボ7号(仕込んでから11日目、常温に置いてから7日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
りんご酵母りんごコボ7号(仕込んでから12日目、常温に置いてから8日目)使用) 50cc
ドライいちじく
ドライレーズン
塩 小さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gのりんご酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねて、最後にラム酒に漬けて柔らかくしたドライいちじくとレーズンを混ぜてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

うむむ…。
やっぱりよくわからないのがドライフルーツの戻し方。
そのまま使うと固いしパン生地の水分を吸ってしまうと思うので何かしらの方法で柔らかく戻すんですよね~。
ちょっと長く漬けすぎてしまうとだら~んって具合になるし、第一ラム酒が効きすぎてしまいお酒弱い人だったら酔っちゃうほど香り高くなっちゃうしなぁ。
なかなか難しい。

d0142961_0213521.jpg今回はちょっとラム酒を吸いすぎてしまったようで、フルーツ混ぜたら生地がとんでもなくべたつくようになってしまった。
ちょっぴり粉を足してごまかしたけど、一次発酵もイマイチ膨らみ悪いし、なんと言ってもだらり~んとしてるよね…。
この後まとめるのも粉つけながらじゃないと難しかったです。


d0142961_0215170.jpgでもまぁ焼けてしまうとなんとかなるようで…。
膨らみも良くはないけどまあまあだったし、焼きあがるとラム酒くささもそんなになくておいしかったです。
今度は水に短時間漬けて戻してみようかな。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-06-04 00:23 | コボ(酵母)パン

りんご酵母(前種法)のキャラウェイシード入りカンパーニュ

d0142961_073757.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
りんご酵母りんごコボ7号(仕込んでから7日目、常温に置いてから3日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
りんご酵母りんごコボ7号(仕込んでから8日目、常温に置いてから4日目)使用) 50cc
キャラウェイシード 小さじ1
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gのりんご酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩、砂糖、キャラウェイシードを入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

初めて試す前種法。
前々から気になっていた高橋雅子さんの「自家製酵母のパン教室」を買ったら、そこに前種法というのが出ていたので試してみたかったのです。
ストレート法よりは発酵が安定し、中種法みたいに種を作る時間がかからず、一回で使い切ることが出来るので今の私にはぴったりのような気がしたの。
粉と同量の酵母液を入れて二倍になるまで発酵させるというまではわかったのだけれど、果たして総量300gの粉を使ったパンを焼きたい場合、どのくらいの量の前種を作るのが適当なのかが書いていない…。
これだけ情報が豊富なネットで見てもストレート法さえあまり詳しく出ているものは少なく、前種法にいたってはほとんど情報なし。
まぁいっかーと適当に50gでやってみることにしたけど、なんだか大丈夫だったみたい!

d0142961_012541.jpgしかし、いつものごとく水の量が適当なので、今回はちょっと入れすぎだったかも…。
しかもやたらと発酵したので気づいた時にはタッパーの蓋に生地がぴったりくっついてた…。(汗)
やはり前種法のは発酵力が強いので発酵時間短めでいけるんだわ~。


d0142961_0122569.jpg無理やり蓋を取ったら、あらら…こんなに網目状のやわやわ生地。
一体これで丸くまとめることができるのか…。


d0142961_0124225.jpgあはは~意外と丸められるもんですね!
焼き上がりのクープもガバッと開き、結構おいしそうなパンが焼けました。


d0142961_091951.jpgスライスしたらこんな感じ。
贅沢を言えばもう少し穴ぼこ、ぼこぼこがいいけどな~。
キャラウェイ入りのパンって「これぞ田舎パン!」って気分になれて好き~♡





コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-05-23 00:13 | コボ(酵母)パン

ピールと黒胡椒入り大豆酵母のカンパーニュ

d0142961_0511478.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか)200g
全粒紛(北海道産) 100g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
大豆酵母大豆コボ1号(仕込んでから4日目、常温に置いてから1日目)使用) 100cc
柚子ピール 適量
黒胡椒(粗引き) 適量
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
ストレート法で。
夜中に捏ねて翌日の夜、会社から帰ってきてから丸めなおして二次発酵。
またまた夜中のパン焼きタイム♪
焼き方は、160℃で30分、その後200℃で10分。

**************************************

常温に出した翌日にびっくりするほど元気に発酵した大豆コボ1号を見てたら夜中にも関わらずすぐにでもパン焼きたくなっちゃったんですよ~。
大体ビール酵母っていうものもあるし、かなり良い感じのパンが焼けるのではないかな~。

d0142961_0524976.jpg大豆コボちゃんは発酵と同時に大豆の皮が豆からつるり~んと剥けちゃって、それがどんどん浮いてきているのでキッチンペーパー(こういう時には丈夫なクックアップ使用です)で漉して使います。
ねっこのきめ細かい泡、まるでビールでしょ♪
ちょっと舐めるとキリリ、キリリとしているので、そのドライな感じに合うように柚子ピールと黒胡椒をガリガリとして生地に混ぜ込んでみました。


d0142961_053888.jpg翌日会社から帰ってきてパン生地チェックすると、こんな風に良い具合に発酵して泡もボコボコ空いております!


d0142961_0533633.jpg楕円形にしたのでクープは葉脈みたいなクープにしてみました。


↑の焼き上がりの写真で見るとそんなに悪くない感じでしょ。
まぁもう少しクープがガバッと開いて欲しかったけど。


d0142961_0535759.jpgところがね、見えないこんな下の部分から、こんなに裂けちゃってるんです…。
どーしてクープも入れてないこんなところから裂けちゃうんでしょうね。
不思議だわ~。
お味は柚子の香りがふんわり漂い黒胡椒がピリッとしてて結構おいしかったです。
ちなみにパンにして焼いてしまうとあのビールの香りはしなくなります。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-04-29 01:04 | コボ(酵母)パン

りんご酵母のカンパーニュ(レーズン入り)

d0142961_0132594.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか) 全粒紛(北海道産)とはるゆたか半々で 300g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
りんご酵母りんごコボ5号(仕込んでから9日目、常温に置いてから5日目)使用) 100cc
ドライレーズン(ラム酒に浸したもの) 適量
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
ストレート法で。
朝に捏ねて外出。
帰ってきて夜に一次発酵の後、丸めなおして二次発酵だったので焼き終わったのは夜中。
焼き方は、220℃で20分。


**************************************

なにやら2日続けてカンパーニュ焼いてます。
ドライレーズンがあることを思い出し、前日からラム酒に漬けておき、捏ねるときに混ぜてみました。
う~ん、レーズンをラム酒に漬けた場合って、その水分をかなり絞ってから使うほうがいいんでしょうか。
今回はビチャビチャにならない程度にレーズンの水分をきって生地に入れてみましたが、かなりラム酒臭く(そういうのも嫌いではないけれど)生地の水分量が多くなってしまったような気がします。

一次発酵に思いのほか時間がかかってしまい、二次発酵を短めにしても焼くのが夜中になってしまった~!
そういえば先日買った「自家製酵母のパン教室」の本では、カンパーニュはほとんど220℃20分で焼くとなっていたな~と思い、時間もないしそれでやってみました。
が…、やはり私のオーブンだと高さがないので表面がかなり焦げました…。
その割りにクープも全然開いてないし…。
焼き方としてはいつもの低温で釜伸びさせて最後に焼き目つける方法のほうがあのチビ電子レンジオーブンには向いているみたい。

レーズンのラム酒でなんだかもたついているような重い生地でしたが、焼いたらそこそこ膨らんで、お味はおいしかったです。
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-03-31 00:15 | コボ(酵母)パン