タグ:カンパーニュ ( 25 ) タグの人気記事

りんご酵母のカンパーニュ3

d0142961_23545471.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか) 全粒紛(北海道産)とはるゆたか半々で 300gくらい
水  足したりしたのではっきりわからず
りんご酵母りんごコボ5号(仕込んでから8日目、常温に置いてから4日目)使用) 100ccくらい
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
ストレート法で。
夜に捏ねて翌日一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で40分、200℃で10分。

**************************************

懲りずにカンパーニュ焼いてます…。^_^;
水分量がイマイチこれだーと言うのに確定せず、いつも捏ねながら少々加えたりしていますが、なかなかちょうど良いのがわからないわ~。

夜に捏ねて翌日に一次発酵をゆったりと待つと言うのは、のんびりと待てるので良い感じです。

d0142961_2355549.jpg捏ねたときにはこんな大きさ。
蓋付きタッパーに入れてさっと霧吹きして一次発酵します。
タオルでタッパーを包んで少しだけれど保温するようにしています。


d0142961_23563665.jpgタッパーの蓋ギリギリくらいまでこんな風に膨らんだら一次発酵終了。
大きさは2倍~3倍くらいを目安にしています。


d0142961_235751100.jpgこの生地の空気を抜いて丸めなおし二次発酵へ移ります。


d0142961_2358784.jpg二次発酵にはこの時期(真冬)2時間くらいかけるようにすると焼成時のふくらみも良いみたい!


クープを入れてオーブンへ。
クープを入れてから焼き始めるまでに少し時間があったほうが良いみたいなので、クープを入れてからオーブンの余熱を開始するようにしています。

イメージしていたクープとはちょっと違うような…。
なんだかヘンな形というか模様のパンになっちゃいました。
膨らみ具合はよくもなく悪くもなく…。
もう少しブワーっと膨らむのが理想です。
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-03-31 00:00 | コボ(酵母)パン

りんご酵母(中種法)のカンパーニュ

d0142961_0333255.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか) 全粒紛(北海道産)とはるゆたか半々で 200gくらい
中種 100gくらい
水 50ccくらい
りんご酵母りんごコボ4号(仕込んでから14日目、常温に置いてから10日目)使用) 75ccくらい
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
粉と塩、砂糖を混ぜてから中種をちぎりながら大体100gくらい加え、その後りんご酵母と水を加えて捏ねる。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で40分、200℃で10分。

**************************************

ダメモトで、あの失敗中種を使用してみました。
中種をどれくらい入れたらよいものかよくわからず、一応100gくらいにしてみました。

d0142961_0341647.jpgなんと元気に、しかも今までよりも短い時間で一次発酵終了。
気泡もこんなに出来てます♪


オーブンでの焼き時間、温度などはウエダ家さんのcobo-net(現在メンテナンスのため閉鎖中みたいです)の「はじめてのパン」の焼き方が基本です。
ただし、うちのオーブンはちゃんとしたオーブンではなく、電子レンジについているオーブン機能を使用で、しかも旦那が独身時代から使っているあまり新しくない、白くて丸いセラミックのお皿がクルクル回るタイプなので、それに合うようにいろいろやってみた結果、160℃で40分、200℃で10分に落ち着きました。
扉を開けたときに一気に温度が下がってしまい、多分回復力も弱いので最初から温度高めで、そして200℃以上の温度で焼いてしまうと庫内に高さがないので焦げちゃうんです~。

何とかパンらしくなれば御の字と思ってましたが、予想に反してまともなパンが焼けました!(゜o゜)
もう少しクープがガバッと開けば言うことなしだったんだけどな~。

こちらに詳細を記録しましたが、その後の中種はやっぱり分離してしまいお亡くなりいただきました…。(-_-;)
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-03-20 00:36 | コボ(酵母)パン

りんご酵母のカンパーニュ2

d0142961_15451186.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか) 全粒紛(北海道産)とはるゆたか半々で 300g
水 75cc
りんご酵母りんごコボ3号(仕込んでから8日目、常温に置いてから4日目)使用) 100cc
塩 少々

■作り方■
cobo-netのウエダ家さんの「はじめての酵母パン」の作り方で。
ストレート法。

**************************************

あぁ…、しばらく水の分量を増やしたりしてはダラ~ッとダレたパンばかり焼いていた私。
前日パイナップルミント酵母のパンを焼いたばかりにも関わらず、りんごコボちゃんもよい具合になっていたので思わず朝から粉を捏ね捏ね。
今まではちゃんと板の上に出して捏ねてボールに入れて発酵させていたのだけど、ちょっぴり面倒になりボールの中で捏ねたり叩いたり打ち付けたりして捏ね終了!
一つ洗物が減るだけでも嬉しいと思うぐーたら主婦なので…。^_^;

夜になってもイマイチふくらみが悪く2倍弱くらいまでにしか到達しなかったのだけど、そろそろ時間切れだし…と二次発酵に移し、それも1時間弱で切り上げて焼きました。
結果がコレ…。(沈)

二次発酵の時には「そんなにダレてないなぁ」と安心していたのだけれど、今度はダレるのじゃなくてクープが上手く開かず、しかもなぜか下の方からムクムクと裂け目が出来てモコモコ膨らんでくるんですが~~~っ!
オーブンの前に陣取って見てても盛り上がっていくのがわかるような…。

出来上がりは何ときのこパン~♪(笑)
まぁ形がどうであれ中身が膨らんでいればと思いましたが、大きさ的にもそんなに望めないと思います。
切ってみたらやはりすごーく目の詰まった、特に真ん中あたりは気泡もないような(汗)、目詰まりパンとなりました…。(沈)

これはもしや板に出すこともせず横着したので捏ね不足?とも思ったけれど、どうやら発酵不足のようです。
この後焼いたパンなどでも特に二次発酵をケチったときにはこの手のパンになりやすい!
何事もやはり余裕を持って挑まねばいけないということを学ぶ、学ぶにはずいぶんと頭が立ってる私でありました!
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-03-08 15:47 | コボ(酵母)パン

パイナップルミント酵母のカンパーニュ

d0142961_16375829.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか) 全粒紛(北海道産)とはるゆたか半々で 300g
水 75ccプラスα
パイナップルミント酵母パイナップルミントコボ1号(仕込んでから10日目、常温に置いてから5日目)使用) 100cc
塩 少々
砂糖 少々

■作り方■
cobo-netのウエダ家さんの「はじめての酵母パン」の作り方で。
ストレート法。

***************************************

相変わらず懲りずにカンパーニュばかり焼いてます。
まぁ、一つでもいいからモノにしたいっていう気持ちもないわけではないけど、一番の理由はこれが一番簡単だから。
一次発酵の後に丸めなおせばいいだけというのは私にとっては激しく魅力的だわ~。
これが台の上に出してちゃんと成形して…となると多分焼こうって気持ちが萎えると思う…。(爆)

まぁこれから先どうなるかはわからないけど、今の所私にとってのパン焼きの意味は、
いろいろなパン、店に売ってるような素敵なパンを焼きたい 
      よりも
見た目はどうであれ、噛み応えのあるおいしい酵母パンを食べる分だけ焼ければ良い
なのでしょう。(笑)

d0142961_16382425.jpg「はじめての酵母パン」の水分量がずいぶん少なく感じられ、少々水分を増やして焼いたときになんとなく良い感じだったので、それからドンドン水分量を増やしているのだけれど、やはり適量というものがありそうです…。
調子に乗ってどんどん入れてたらやっぱり生地はだれるし、出来上がりもどちらかと言えばしっとり系(皮はパリパリですが)で、気泡も小さいですよね…。
うむむ、まだまだですな。^_^;


d0142961_1639716.jpgでもこれを薄切りにして石ラーディップをのっけて食べたらおいしかったよ~。
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-03-02 16:40 | コボ(酵母)パン

りんご酵母のカンパーニュ

d0142961_1305496.jpg
■材料■
強力粉(はるゆたか) 全粒紛(北海道産)とはるゆたか半々で 300g
水 75cc
りんご酵母りんごコボ1号(仕込んでから8日目、常温に置いてから4日目)使用) 100cc
塩 少々

■作り方■
cobo-netのウエダ家さんの「はじめての酵母パン」の作り方で。
ストレート法。

**************************************

夜中寝る前に捏ねて、蓋が出来るタッパーに入れてタオルで巻いて保温して就寝。
この粉と水分の配合なのだが、やたらと固い!
バターなど油分を入れてないからこんなに固いのかしら。
最近パンを焼いてなかったので感覚鈍っているのかもと思ったけど、でもやっぱり今までこんなに固くて伸びない生地はなかったような…。
途中で水を少しだけ足して捏ねました。
翌朝、まだ2倍になっていなかったのでそのまましばらく置き、結局14時間くらいで発酵終了。
すごーく固かったパン生地も発酵したらそこそこ柔らかくなりました。
丸めなおして1時間ほど寝かせ、「はじめての酵母パン」の焼き方で、パンの重量が少々少なめなので適当に時間を調整して焼く。
最初の焼き始めが110℃~と言うことでホントに膨らむのか不安だったけど、今までこんなにクープがガバッと広がったことないよって程素敵に膨らんだ。
ちなみにクープにはバターなどは一切塗っていない。
焼いてる最中にほんのり林檎の香りがしてるわ~って思ってたら、夫が「何だか生ごみの匂いがする…」って言ってた。(生ごみとは全然違う香りだと思うけど!)

少々焦げ気味だったので表面が苦いような…。(汗)
翌日そのまま食べるとそんなにりんごの香りはしなかったけど、ちょっぴり焼いて温めるとほんのり林檎の甘い香りがして幸せ気分♡

もう少し水分量多くしても良いのかも…。

d0142961_134857.jpg
そう思って翌日作った同じパン。(りんごコボ1号(仕込んでから9日目、常温に置いてから5日目)使用)
捏ねるときにかなり水を多めに入れた。
発酵後まるめて寝かせていたら、ちょっと生地がだれる感じ。
最後の220℃の時間を短くしたので焦げはしなかったけど、クープの開きはイマイチ。
温度が160℃の時に一番ガバッと広がるような気がするので、そこの時間を長くするといいのかな~。
切って見ると中の穴は昨日のパンより大きめに開いてたりして、味はこっちのがおいしかった。
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-02-04 01:36 | コボ(酵母)パン