タグ:伊予柑 ( 14 ) タグの人気記事

ちりめん山椒の玄米炊き込みご飯

d0142961_23173997.jpg
■材料■
玄米 2カップ
醤油 大さじ1
塩 少々
ちりめん山椒 適宜
昆布 5cmくらい
伊予柑酵母伊予柑コボ3号(仕込んでから16日目、常温に置いてから8日目)使用) 1カップ
水 2カップ

■作り方■
玄米を洗って水を切り、炊くまでに時間があれば厚手の鍋に伊予柑酵母と水、昆布と共に入れておく。
炊く直前にちりめん山椒と醤油と塩を入れ、蓋をして強めの中火で炊き、沸騰したら弱火にして45~50分炊く。
炊きあがりの最後の30秒くらいは強火にしてから火を止めて、10分ほど蒸らし、全体をざっくりと混ぜ合わせる。

**************************************

酵母使いきりにはやはり炊き込みご飯♪
玄米を炊くときには通常、長時間水に浸してから炊かなければ殻が固いままでおいしく炊けないけど、酵母を入れると酵母の力で殻を柔らかくするので、長時間浸水しなくてもおいしく炊けるんです!

d0142961_2318821.jpg今回は頂き物の京都のちりめん山椒の賞味期限がかなりせまってきていたので、ちょっと贅沢な香り高い炊き込みご飯にしてみました♪
山椒の実のぷちぷち感と爽やかな辛味がなかなか良いお味を出してます。


ちょっと日にちがたった伊予柑酵母だったのでそれだけで味わうと苦味が気になりましたが、このように味をつけてご飯を炊いてしまうとさほど気にならなかったので良かったわ~。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-09-21 23:19 | コボ(酵母)料理

伊予柑酵母のカンパーニュ(キャラウェイシード入り)

d0142961_048225.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ3号(仕込んでから12日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
ライ麦(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ3号(仕込んでから12日目、常温に置いてから4日目)使用) 50cc
キャラウェイシード 小さじ1程度
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(朝、出勤前に作る)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜帰ってきたら出来ていた)
ボールに粉と塩、砂糖、キャラウェイシードを入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ね、丸めてビニール袋に入れて一次発酵。
一次発酵の後(翌朝)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で40分、180℃で10分。


**************************************

d0142961_0492021.jpg前回粉の量を300gで仕込んだら、一晩のうちにいつも使ってるタッパーの蓋を持ち上げちゃうほど発酵したので、今回はビニール袋で発酵させることにした。
タイ料理教室で一緒のパンの先生Hさんのパン教室に参加したときの、ビニール袋で発酵させると言う方法を早速使ってみたのです。
ビニールは薄でのものを二重にして、だらり~んとならないようにタッパーに入れて置いておきました。
パン教室に参加して、捏ね方と捏ね上がりの生地の感じがわかるようになり、今までよりももっちりもちもちの良い感じの生地に捏ねあがったと思います。


d0142961_0514721.jpg翌朝!
きゃーっやっぱりね~。
ものすごく発酵してた~~~!
これじゃぁ蓋してても意味なかったから、ビニール袋仕込みにしておいてよかったよ。


焼き上がりはもう少しクープがガバッと開けば言うことなし!
一次発酵も二次発酵もかなり良い感じだったのだけど、あ~クープがあまり上手く開かないのはなぜ?
今回オーブンの温度と時間を少々変えたのだけれど、これがいいのかどうかはイマイチよくわからず。

d0142961_052955.jpgあはは~クープは開かなかったのだけれど、こんな下の方がもこもこ~っと伸びてました。^_^;
うむむ、なかなかやってくれるじゃないの~~~。
決められたレールの上をただ進んで行くのはつまらないと思ったのかしらね。(笑)
何が起こるかわからないのも自家製酵母のパンの魅力♪




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-09-11 00:55 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボ3号

3月16日、またまた伊予柑コボを仕込む。
何と言っても伊予柑酵母は元気がいいし、香りもいいからね~。
瓶に八つ切りにした伊予柑を3/4個分、水、蜂蜜、そして伊予柑コボ2号のエキスを少々入れて蓋を閉め、冷蔵庫へ。

3月23日、7日目に常温へ移す。
この時点でレモンコボちゃんがまだまだ沢山あったので、長めに冷蔵庫へ入れて置いたのです。

d0142961_0252768.jpg3月24日、早々と少々発酵。
やっぱり暖かくなってくると発酵にかかる時間が短いね~。


d0142961_0254433.jpg3月25日、シュワシュワとこんなに元気に発酵しまくり~。
このきめ細かい泡がいいのよね。
伊予柑酵母はほーーーんとに香りも最高♪


d0142961_026354.jpgそして蓋を閉めてもまだまだ立ち上ってくる泡。
泡に持続性があるのが柑橘系酵母の特徴。


d0142961_0272793.jpg3月26日、酵母液の色がこんな風に少々不透明になってきたら、酵母が完璧に出来上がった合図。



伊予柑コボ3号から出来たもの~♪
キャラウェイシード入りカンパーニュ
玄米のちりめん山椒炊き込みご飯
苺コボ1号トマトコボ1号日向夏コボ1号2号に少々入れて、元気の素となる!



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-09-11 00:29 | 伊予柑コボ(酵母)ちゃん

伊予柑コボのライ麦カンパーニュ

d0142961_1183097.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
ライ麦(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから15日目、常温に置いてから10日目)使用) 50cc
レーズン
くるみ
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(早い夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(夜中)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ね、ラム酒に少し浸して柔らかくしたレーズンとトースターで少々乾煎りした胡桃を手で小さく砕きいて混ぜてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後(翌朝)、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

d0142961_118544.jpgおほほ…、クープがバリバリに開いてるでしょ~~~。
またまた形は少々いびつだし、なぜか片方のクープのみがガバッと開いたのでまん丸のはずが長細丸のカンパーニュになっちゃってるけど気にしなーい!(笑)
でも夫には「これは売り物には絶対にならないパンだね」って言われたけど…。(汗)


d0142961_1191227.jpg会社から帰ってきて前種仕込んで、夜中に2倍になったのでその前種使って生地を捏ね、朝にはタッパーの中でこんなに膨らんでいた~~~。
多分ライ麦パンと言うのは普通の粉に比べて発酵しにくいのではないかと思うけど、おそるべし伊予柑コボちゃんの発酵力♪
嬉しくなるね~。


d0142961_1193467.jpg胡桃とレーズンが入って少々重めの感じだったけど、スライスしてみるとなかな良い具合なのではないでしょーか。
スライス前は売れないパンだって、スライスしちゃえばわからない♪


d0142961_1195070.jpg翌日の朝食は、このライ麦パンを使ったサンドウィッチ。
トマトとわさび菜&ブルサンチーズと生ハム。
どちらもおいしいよ~。


d0142961_120921.jpg特にこのトマトが甘くてすっごくおいしかったのだけれど、これは大宮の先にある「温々(ぬくぬく)」と言う古民家カフェの前で買った産直野菜。
温々は田んぼ(?又は畑?)の真ん中にポツンとあるのだけれど、そこの畑で採れた野菜を売っているんですよ~。
それがすごーくおいしいの♡
ついつい買いすぎ注意報~!


d0142961_1202680.jpgそんなお野菜を作って、そして売ってるおじさんを激写!
「パソコンで紹介するからね~」と言ったら「おじさんはパソコンやらないから見られないけど、宣伝してね!」と言われた。
おじさん、遅くなったけどやっと紹介したからね♪
埼玉県地方にお住いのみなさま、とってもおいしくて素敵なカフェ温々に行かれた際は、是非駐車場前のこちらのおじさんのお野菜買って帰ってね~。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:25 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボカンパーニュ

d0142961_0573726.jpg
■材料■
前種用
全粒紛(北海道産) 50g
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから9日目、常温に置いてから4日目)使用) 50g
本捏ね用
強力粉(はるゆたか)  200g
全粒紛(北海道産) 50g
水 捏ねながら増やしたのでよくわからず…
伊予柑酵母伊予柑コボ2号(仕込んでから10日目、常温に置いてから5日目)使用) 50cc
塩 小さじ1弱
きび砂糖 大さじ1弱

■作り方■
前種法で。
いつも使っているタッパーに全粒紛50gを入れ、そこに同量の50gの伊予柑酵母を入れて、小さなゴムべらでざっくりと混ぜ合わせ、蓋をしておく。(夜)
大体2倍の量になってどろどろとしていたら前種完成。(翌朝)
ボールに粉と塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、そこに前種を手でちぎりながら全部加え、更に酵母液と水を入れて普通に捏ねてから丸めて一次発酵。
一次発酵の後、丸めなおして二次発酵。
焼き方は、160℃で15分、180℃で20分、200℃で10分。

**************************************

一次発酵、二次発酵共に発酵力はなかなかのもの。
とにかく面倒くさがりなので、いつもいつもカンパーニュばかり焼いている私。
せめてたまにはクープだけでも変化させてみようと、パン屋さんのパンの写真を参考に真ん中がダイヤのマークになるように切れ目を入れて焼いてみた。

d0142961_0582847.jpg・・・・・・・・・
なんか想像してたのと違うんですけど。(笑)
いつものごとく、場所により膨らみ方が均一ではないってこともあるけど、それを差し引いてもものすごーくヘンなクープだ!!
うむむ、まだまだ修行が必要…。^_^;


d0142961_0581015.jpgヘンな見た目のパンだけど、スライスしてみたらまあまあだったよ。
お味も結構おいすぃ~~~。
パンは見た目ではないのだよ。
…でもやっぱり見ただけでおいしそうでバリバリッときれいにクープが割れたパン、焼いてみたいよのぉ。


この記事を書いているのは今、8月。
あ~3月頃は形がどうであれ、こんなに素敵に発酵してたのに、今はなんだか捏ねても捏ねても、焼いても焼いても膨らみ悪いイマジュウくらいのパンばかり…。
いびつだけれどこの頃はおいしそうに焼けてたのね。
なんだかパン焼き、くじけそうだよぉ~~~。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-22 01:00 | コボ(酵母)パン

伊予柑コボ2号

d0142961_0202230.jpg3月6日、先日作った伊予柑酵母の香りがあまりにも良かったので、ホントはレモン酵母やらなにやらまだまだ使ってない酵母が沢山あるにも関わらず、買ってきて仕込んでみた。
伊予柑と水、蜂蜜、レモンコボ1号のエキスを少々入れて蓋をし、冷蔵庫へ。


3月11日、5日目に冷蔵庫から常温へ移す。

3月12日、ちょっとだけ沸々と泡が経っているようだったので蓋を開けて空気を入れる。
まだまだ弱めの発酵。

d0142961_021779.jpg3月13日、こんなに元気にシュワシュワ~~~。
きめ細かい泡の音と伊予柑の香りがたまらな~い!


d0142961_021221.jpgそして今回もやはり噴水!
こんなに酵母液があふれました!
伊予柑は発酵力強いなぁ~。



伊予柑コボ2号から出来たもの~♪
カンパーニュ(前種法)
胡桃とレーズン入りカンパーニュ(前種法)
伊予柑コボ3号に入れて元気の素となる!



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-08-19 00:22 | 伊予柑コボ(酵母)ちゃん

鰤カマ焼き

d0142961_0564615.jpg
■材料■
鰤カマ 2つ 
伊予柑酵母伊予柑コボ1号(仕込んでから22日目、常温に置いてから19日目)使用) 大さじ2程度
伊予柑酵母の実

胡椒
ローズマリー
タイム
 
■作り方■
鰤カマはさっと洗って血合いなどがあれば取りのぞき、キッチンペーパーで水気をふき取ってから身の側に塩胡椒、枝から外したローズマリーとタイムをまぶす。
それをバット(又は鰤カマが入っていたプラ容器)に並べて伊予柑橘酵母をかけて、隙間に伊予柑の実をカマにくっつくように並べ、ラップをして冷蔵庫で30分程度寝かす。
魚焼きグリルに鰤カマと伊予柑の実を並べてカマの中まで焼ければ出来上がり。

**************************************

得意のハーブ焼き。
鰤カマはボリュームもあってとてもおいしいので、スーパーの魚コーナーで見かけると必ず買うほど好きです。
意外とみんな買わないみたいでいつももったいないなぁと思うんですよね。

鰤は血合いも多くちょっと生臭かったりするので、その臭いのデトックスと鰤の身を外側はパリパリ、中は柔らかく仕上げるために酵母に活躍してもらいます。

d0142961_0571872.jpg実はこの伊予柑酵母、常温に出してからかれこれ20日近くも経ったもので(もちろん途中使わないときは冷蔵庫で保存してました)、シュワシュワはさすがに弱くなっていたのだけれど、捨てるに捨てられずずーっと冷蔵庫に入ってたんですよね…。(汗)
ついでに実も一緒に漬けておき、焼くときにも一緒にグリルに入れてみたところ、これが鰤を焼いてる間もふんわりと伊予柑の香りがして魚を焼いたときにどうしても漏れる臭いがそんなに気にならなかったんです!


特に今回の伊予柑はとても甘くてとても香りが強いものだったので尚更だったのかもしれませんが、この魚を焼くときにグリルに実を一緒に入れるというのはかなりお薦め!
最後まで無駄なくコボちゃん使い切ったぞーと言う満足感もたまりませーん♪(笑)


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-07-10 00:58 | 伊予柑コボ(酵母)ちゃん

にんじんと金柑のサラダ

d0142961_037745.jpg
■材料■
にんじん 2本 
金柑  5~6個
伊予柑酵母伊予柑コボ1号(仕込んでから19日目、常温に置いてから16日目)使用) 適宜

胡椒
オリーブオイル

 
■作り方■
にんじんは皮を剥いてから千切りスライサーで千切りにし、金柑は横にスライスしてボールに入れておく。
にんじんと金柑以外の材料を混ぜ合わせてドレッシングを作り、にんじんと金柑に加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほど寝かせれば出来上がり。

**************************************

困ったときのにんじんサラダ。
にんじんが大量にあるとき、後一品欲しいときなどに大活躍。
2~3日分まとめて作っておくと時間をおけば置くほどお味が馴染んでくるのでおいしい♪

基本のにんじんサラダのドレッシングは、レモン汁、塩、胡椒、砂糖、オリーブオイルを味をみながら混ぜ合わせて作りますが、今回はそのレモン汁を伊予柑酵母に置き換えてみました。
伊予柑はレモンより甘いので砂糖は省略。
ついでに金柑の輪切りでおしゃれにしてみました。

今回使った伊予柑がものすごく甘くて薫り高くておいしかったので、ドレッシングにしてもしっかりと爽やかな香りが香ってとてもおいしかったー。

実は私、子供の頃からずーっとにんじん嫌いなんですが、この千切りにんじんのサラダはなぜか食べられます。
生のにんじんは好きって言うのもあるし、ドレッシングであえて時間を置くと、あの独特なにんじん臭さも気にならなくなりとてもおいしいんですよ~。

にんじんサラダにいろいろなバージョンを別ブログ「楽子の小さなことが楽しい毎日」のこちらの記事にも載せてます♪
もしにんじん嫌いの方がいたら、是非一度騙されたと思ってお試しを~。


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-07-10 00:40 | 伊予柑コボ(酵母)ちゃん

赤貝の玄米炊き込みご飯

d0142961_0335523.jpg
■材料■
玄米 2カップ
醤油 大さじ1
塩 少々
赤貝 剥き身でカップ1弱
生姜 親指大
人参 1/3本くらい
昆布 5cmくらい
伊予柑酵母伊予柑コボ1号(仕込んでから12日目、常温に置いてから9日目)使用) 1カップ
水 2カップ
 
■作り方■
玄米を洗って水を切り、炊くまでに時間があれば厚手の鍋に伊予柑酵母と水、昆布と共に入れておく。
生姜、人参は千切りにし、赤貝は酒で蒸して殻から実を出しておき、玄米の鍋に入れる。
炊く直前に醤油と塩を入れ、蓋をして強めの中火で炊き、沸騰したら弱火にして45~50分炊く。
炊きあがりの最後の30秒くらいは強火にしてから火を止めて、10分ほど蒸らし、全体をざっくりと混ぜ合わせる。

**************************************

玄米炊き込みご飯第二段!
前回のごぼうとしめじのご飯に続いて今回もふっくらとおいしく炊けました♪
りんご酵母よりも伊予柑酵母のほうがふんわりと柑橘系の香りがするかも!
生姜をプラスしたのがこのご飯のおいしさの決め手かな。

赤貝は、毎年年末に父の実家(島根県)から送ってきたものをもらって帰ってきます。
かなり大量で一度では食べきれないので、甘辛味の酒蒸しにした残りを剥き身にして小分けにして冷凍しています。
手軽に赤貝ご飯が楽しめて良いんですよね~。

酵母で玄米を炊くって気に入っちゃいました!


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-04-23 00:34 | コボ(酵母)料理

トマトとラディッシュのサラダ

d0142961_1441375.jpg
■材料■
トマト
ラディッシュ
ラディッシュの葉の柔らかいところ

胡椒
オリーブオイル
伊予柑酵母伊予柑コボ1号(仕込んでから10日目、常温に置いてから7日目)使用)  適量

■作り方■
ラディッシュは縦4つ割りに、トマトはラディッシュの大きさに合わせて切る。
ラディッシュの小さめの柔らかい葉っぱを洗ってから器にのせ、そこにトマトとラディッシュを盛り付けて、塩胡椒を振り伊予柑酵母を少々垂らし、最後にオリーブオイルをかけて出来上がり。

**************************************

このラディッシュは自家製で~す!
うちの小さなベランダのプランターで真冬にも関わらず大豊作となりました。(「楽子の小さなことが楽しい毎日」こちらの記事に載せています)

こういう新鮮野菜はできるだけ手を加えずに食べるのがおいしいのでただ切っただけのサラダに。
普通は塩胡椒を振ってその後レモン汁とオリーブオイルをかけるのだけれど、そのレモン汁の代りに香りの良い伊予柑酵母を使ってみました。
レモン汁よりも酸味がなく、香りがふくよかです。

ラディッシュの葉っぱも齧ってみたらとても柔らかくておいしかったので、ベビーリーフみたいに生で添えてみました♪


コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-04-19 01:50 | コボ(酵母)料理