タグ:揚げ物 ( 4 ) タグの人気記事

花ズッキーニのフリット 生ハムとパルミジャーノ添え

d0142961_1327582.jpg
■材料■
ズッキーニの花
生ハム
パルミジャーノレッジャーノ
りんご酵母りんごコボ9号(仕込んでから4日目、常温に置いてから1日目)使用)  強力粉と同量
強力粉  りんご酵母と同量

サラダオイル

■作り方■
ズッキーニの花は花びらを破らないように気をつけながら弱い水流で洗って、キッチンばさみで切れ目を入れて花を開き平らにし水分を拭き取る。
パルミジャーノレッジャーノはピーラで薄く削っておく。
ボールに強力粉とりんご酵母液を大体同量と少々の塩を入れてざっくりと混ぜ合わせてフリットの衣を作る。
ズッキーニの花の片面に衣をつけ、鍋に入れたサラダオイルで弱火~中火でまずは衣を下にして揚げて、かりっと揚がったら衣がついていないほうも少々揚げて油を切り、器にのせて生ハムとパルミジャーノをトッピングして出来上がり。
食べるときはフリット、生ハム、パルミジャーノを重ねて一緒に食べる。


**************************************

d0142961_13273036.jpg初夏のお楽しみ花ズッキーニ。
今年で三度目となりますが、毎年春に種を蒔いて、ベランダのプランターで育てています。
どうせ育てるならあまり見かけないものをと、育てるのは丸ズッキーニ。
プランターが小さいので実のほうはなかなか大量には収穫できないのだけれど、花はこの時期ほぼ毎日収穫できるのです。(ズッキーニの育て方、収穫については、別ブログこちらこちらの記事を見てね)
育てるのも簡単で喜びも大きい素敵な野菜♪


ズッキーニの花の料理はいろいろありますが、花の数が少量であっても比較的作りやすいのはフリット。
花の黄色が鮮やかで、その美しさには毎年うっとり♪
フリットと言えばビールで衣を作るやり方があるけれど、そのビールをシュワシュワの酵母液に置き換えて作っています。
この方法は春は山菜の天ぷらにもずいぶん使いました~。
発泡するので衣がカラッと揚がり、とてもおいしい!
多少ですが酵母の素材そのものの香りも楽しめます。

d0142961_13344437.jpg食べるときには花と生ハムとパルミジャーノを重ねて一口でパクッと♪
ズッキーニの花のパリパリと生ハムの塩気、パルミジャーノの旨みのハーモニーが素敵すぎで、ワインがついつい進みすぎてしまうのが玉に瑕です。^_^;
ズッキーニの花のその他のお料理はこちらこちらの記事にも載せてます。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-03-20 13:38 | コボ(酵母)料理

野菜の揚げ浸し

d0142961_022251.jpg
■材料■
茄子
オクラ
トマト
麺つゆ(ストレートタイプ)  青梅酵母と同量
青梅酵母青梅コボ1号(仕込んでから14日目、常温に置いてから7日目)使用)  麺つゆと同量
サラダオイル

■作り方■
麺つゆを同量の青梅酵母液で割っておく。
茄子は輪切りに、オクラはヘタの部分を軽く剥き、トマトはぶつ切りにする。
フライパン又は鍋にサラダオイルを3~4cmの高さくらいになるように入れ、茄子、オクラを素揚げにし、揚げたものから伸ばした麺つゆに浸しておく。
そこにトマトのぶつ切りを加え、冷蔵庫で冷たくなるまで冷やせば出来上がり。

**************************************

あまり揚げ物をしない我が家ですが、小さく切った野菜だったら少量の油でも揚げられるので、多少ハードル低し!
勿論揚げ物を頻繁にする家庭だったらもっとたっぷりの油で揚げてもいいのだけれど、私は一度で使いきりなので少量で。
このくらいの量だったら、使った後に油を切ったペーパータオルや新聞紙などを牛乳パックに入れて、そこに揚げ油を入れて封をして捨てられるので便利です。

揚げる野菜はこのほかゴーヤや空芯菜の茎などもおいしいです。
トマトは揚げないけれど、酸味が加わり色合いもきれいになるのでいつも必ず入れてます。

夏の間は、キンキンに冷やしたこの野菜の揚げ浸しがスルスルと入っていくんですよ~。
例えば前日にちょっと何か揚げ物をしたって時についでに揚げて液に浸しておき、冷蔵庫で冷やしたものを翌日食べるのもとってもおいしい!
せっかく油を使った時にはそのまま捨てるのはもったいないのでついでに何か揚げちゃうのはいいですよ~。

この浸し液、青梅酵母が麺つゆをさっぱりとしてくれるのでなかなか良かったです。
普通は麺つゆと水と酢を少量混ぜたものを使いますが、梅に少々酸味もあるので酵母液だけでさっぱり仕上がります。

d0142961_031790.jpgそしてこの揚げ浸しの野菜と浸し液を少々取っておき、翌日はこんなふうにぶっかけ素麺~!
ゆでた素麺を水で〆て水を切り、そこに冷やしておいた揚げ浸しを汁ごとかけて食べるだけ!
揚げ浸しに少々胡椒でパンチを加えておくと尚、おいしいです。


一回で二度楽しめるのは主婦の味方ですよね~。




コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2009-03-10 00:05 | コボ(酵母)料理

タラの芽とスナップエンドウの天ぷら

d0142961_021365.jpg
■材料■
タラの芽
スナップエンドウ
サラダオイル 適量

○天ぷら衣材料○
薄力粉 酵母液と同量
日向夏酵母日向夏コボ1号(仕込んでから9日目、常温に置いてから3日目)使用) 薄力粉と同量
塩 少々

■作り方■
タラの芽、スナップエンドウは洗って水気を切っておく。
ボールに薄力粉と日向夏酵母液をほぼ同量ずつ入れ(写真の天ぷらの量で粉と酵母液はカップ半分弱ずつ使いました)、塩少々を入れてざっくり混ぜ合わせ、そこにタラの芽、スナップエンドウを入れて衣を絡め、鍋にひいた揚げ油の中に入れて揚げれば出来上がり。

**************************************

d0142961_033169.jpg2日ほど前に作ったビール衣代わりの酵母衣が大成功だったので、またまた頂いたタラの芽を使って天ぷらにしてみました。
まだまだ絶好調にシュワシュワしている日向夏酵母使用。
このシュワシュワが軽~い衣の決め手ですね~。
卵も使わないし手頃で良いです!


d0142961_052295.jpgタラの芽はスーパーなどではほんの3つほど入ってなかなか良いお値段してるんですが、Fujikaさんがこーんなに沢山、しかもご自分で採集したのを送ってくださったんですよ~。
売っているタラの芽よりも柔らかくしなやかでとてもおいしい!!


せっかく油を使うのでタラの芽だけを揚げるのはもったいなくて、スナップエンドウを買ってきて一緒に揚げました!
スナップエンドウ、あの青臭い感じとボリュームと見た目がコロンとしているのが大好き♡
しかし、スナップエンドウ、スナックエンドウ、どちらが正しい名称なのでしょーか。
いまだわからず…。(笑)

この酵母液を使った天ぷらのほか、春の山菜を使ったお料理は別ブログの「楽子の小さなことが楽しい毎日」のこちらの記事に詳しくあります。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-10-24 00:07 | コボ(酵母)料理

行者ニンニクとウドとドライトマトの天ぷら

d0142961_23384981.jpg
■材料■
行者ニンニク
ウドの芽の部分
ドライトマト
サラダオイル 適量

○天ぷら衣材料○
薄力粉 酵母液と同量
日向夏酵母日向夏コボ1号(仕込んでから7日目、常温に置いてから1日目)使用) 薄力粉と同量
塩 少々

■作り方■
行者ニンニク、ウドの芽の部分は洗って水気を切っておき、ドライトマトは酢を少々入れたぬるま湯に入れて戻し、水気を切る。
ボールに薄力粉と日向夏酵母液をほぼ同量ずつ入れ(写真の天ぷらの量で粉と酵母液はカップ半分ずつ使いました)、塩少々を入れてざっくり混ぜ合わせ、そこに行者ニンニク、ウド、ドライトマトを入れて衣を絡め、鍋にひいた揚げ油の中に入れて揚げれば出来上がり。

**************************************

実は、私は揚げ物が苦手でイマイチ上手にカラッと揚げることが出来ないのだけれど(揚げ物率が少なく油は使いきり派のため少量しか使わないのもいけないのだと思う!)、以前ビールと粉を混ぜた衣で揚げたズッキーニの花のフリットがとても上手く出来たので、それ以来衣をつける揚げ物と言うとビール衣ばかり作ってました。

d0142961_2341243.jpgビール衣がカリッと揚がるのはあの炭酸のせいだと思うので、それならばシュワシュワしている酵母をビールの代りに使っても同じようにできるのではと思い、使ってみたのです。


おほほ、結果、ビール衣と同じようにとっても上手く揚がりました~!
これだと卵を使う衣よりも軽い感じだし、私みたいなへたっぴーでもカリッと出来るし、手間もかからず比較的キッチンも汚れずいいこと尽くめ!
酵母ってえらいんですね~。
これは久々におおーーーーーっと感動した酵母の使い方でした。
日向夏の香りもほんのりするので、いろんなハーブなどの酵母で試すのもおもしろそうです。
ちなみに揚げるために使う油の量は、私は鍋の底から2cmくらいに押さえてます…。

d0142961_23412572.jpg今回使った行者ニンニクと言うのはこんなもの。
もちろん栽培モノですが、一度食べてみたかったものなので、見つけたときには迷わず買いました!
生で齧ったときよりも揚げると香りは少々弱まります。


d0142961_23413830.jpgウドの芽の部分もこんなにボリュームのあるもの。
茎の部分は天ぷらなどがおいしいけど、芽は揚げるととってもおいしいですね~。


ドライトマトのフリットは、ギリシャにお住まいのsalahiさんこちらのレシピをヒントにさせていただきました♪
オイル漬けのドライトマトをワインのつまみにされている方も多いかと思いますが、フリットもなかなかおいしいものですよ~。

この酵母液を使った天ぷらのほか、春の山菜を使ったお料理は別ブログの「楽子の小さなことが楽しい毎日」のこちらの記事に詳しくあります。



コボ(酵母)ちゃんってすごい!って思った方、クリックしてね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by r-cobo-chan | 2008-10-21 23:46 | コボ(酵母)料理